▶︎とにかく1年無料な楽天モバイルUN-LIMIT徹底検証レビュー特集

GameSir VX2 AimSwitchゲーミングキーパッド マウスコンボ 個人的な使用感をレビューしました

普段あまりゲームをしない小職ですが、子どもにFortnite付き合わされたりと少しはゲームに触れる機会が増えてきています。

そんなゲームを快適に遊ぶためのゲーミング周辺機器も色々と揃っている世の中。

小職

ゲームをあまりしない小職でもゲーミングチェアやデスクトップPCでは有線のゲーミングマウスを使っていたりします(^^;

今回はゲーミングキーボードならぬ、ゲーミングキーパッドというゲームに必要な最低限のキーが搭載されたキーボードとゲーミングマウスのコンボというデラックスなゲーミングデバイスセットをメーカーのGameSirさんから提供いただいたのでじっくりとレビューしてみます♪

GameSir VX2ゲーミングキーパッド&マウスコンボを開封してみる

今回レビューするゲーミングキーパッドは↓こちら

中々かっこいいパッケージです♪

GameSir VX2ゲーミングキーパッドのパッケージ

ロゴがキラめくいかにもゲーミングデバイス的なかっこいいパッケージに封入されています。
キーパッド本体とゲーミングマウスにレシーバー的な何かが同梱されているようです。

パッケージの裏面をチェックしてみると….

GameSir VX2ゲーミングキーパッドのパッケージ裏面には詳細な解説入り

日本語で色々と説明が記載されていたよ!
コイツちゃんとした日本向け製品だよ。

アルミニウム合金カバーにALPS製のジョイスティック搭載。
キースイッチにもこだわりがある様子。

これだけ詳しく書かれたパッケージなので、もしかしたら家電量販店などでも取り扱いがあるっぽいですぞ。

とりあえず、早速開封してみます♪

GameSir VX2ゲーミングキーパッドを開封してみた

豪華なパッケージボックスを開封してみると、いきなりゲーミングキーパッドが登場したぞ!

実物は写真よりもカッコいい♪
そんな第一印象。

キーパッドを取り出して、下層のパッケージを確認してみます。

GameSir VX2ゲーミングキーパッドを開封した

キーパッドの下層にはゲーミングマウスとUSB接続のナニかやケーブル類が封入されていました♪

GameSir VX2 付属品など、パッケージから全部取り出してみたらこんな感じ

GameSir VX2ゲーミングキーパッドの付属品

パッケージ内容は以下のような感じでした。

  • GameSir VX2 AimSwitch
  • GM400ゲーミングマウス
  • 2.4GHzドングル
  • Type-C Via USBケーブル
  • Type-C Via USBアダプター
  • 日本語取扱説明書

日本語表記もしっかりとした高級感のあるパッケージング♪

それでは各デバイスをチェックしてみます♪

GameSir VX2ゲーミングキーパッドをチェックしてみる

GameSir VX2ゲーミングキーパッドはシルバーボディでキーボードはマットブラック

まずは、キーパッド部分をチェックしてみます。
キータッチが心地よいメカニカルなキーボード風のゲーミングキーパッド。
打鍵感が本当心地よいのでしばらくペチペチしていましたw

ASDWキーはゲームでは上下左右のカーソルとしてもよく使われているのでキートップの形状もテクスチャー風の仕上げで感触が異なるようなデザインになっていました。

キーパッドの外観をさらにチェックしてみる!

GameSir VX2ゲーミングキーパッドの左側側面には電源スイッチがある

左側面から眺めてみると↑こんな感じです♪

電源スイッチが左側面に配備されていました。
その右側にあるType-C端子はVX2キーパッドに内蔵されているバッテリ充電用でした。

GameSir VX2ゲーミングキーパッドの上部側面

下側からVX2ゲーミングキーパッドをみてみるとこんな感じ。
良さげな赤い軸がチラ見えしています。

 

 

GameSir VX2ゲーミングキーパッドの右側面にはUSBポートがある

VX2キーパッド右側面は↑こんな感じです。
傾斜もいい感じにあってALPS製というジョイスティックがいちばん手前に来ているのがわかります。
あと、フルサイズのUSB-A端子もあります。
このUSB端子には付属のゲーミングマウスを接続するためのUSB-Aコネクタです。

GameSir VX2ゲーミングキーパッドの裏側にはしっかりとしたラバー滑り止め

VX2ゲーミングキーパッドの裏面というか底面は↑こんな感じでした。

ラバーの滑り止めが5箇所に大きく設けられていて、重量感もそこそこあるので安定した設置ができました。

ちなみにVX2ゲーミングキーパッド本体の重量は553グラムとなかなかのどっしりっぷりw
まあ、安定感あった方が良いので、このくらいの重量感で良いのかなーと思います。
バッテリーも内蔵ですしね(^◇^;

GameSir VX2ゲーミングキーマウスをチェックしてみる

GameSir VX2ゲーミングキーパッドに付属のゲーミングマウス

形状としては普通っぽいマウスに思えたのですが、付属のゲーミングマウスはあっちゃこっちゃ肉抜き加工しまくりの穴だらけボディw
軽量化をはかるための肉抜きなんだとおもいますが、肉抜き穴が滑り止めとデザイン性も兼ねたような外観になっています。

マウスとしては左側面側に2ボタンを搭載。

GameSir VX2ゲーミングキーパッドに付属のゲーミングマウスの左側面にはボタンが2つある

通常の二つのボタンとホイールを合わせた5ボタンマウスといった構成です。

GameSir VX2ゲーミングマウスの裏面

ゲーミングマウスの底面をチェックしてみるとGameSir-GM400なんていう型番だったりするのがわかりました。

右側にはボタン類は配置されていません。

GameSir VX2ゲーミングマウスの右側側面

そして、手に取ってみて気づいたのですが、このマウス猛烈に軽いですw
さすが肉抜きしまくりボディw

また、優先マウスのUSBケーブル部分もびっくりするほどに柔らかいんです。
パーカーの首ひもかよ!?
とおもうような柔らかい布の紐状態でケーブル特有のクセがあって操作時になんか反発を感じる….
そんな感触を解消している素材感のようです。

さすがゲーミングデバイス♪
細かい部分にとても配慮が深い!
そんな印象を感じることができました。

また、VX2付属のゲーミングマウスの重量はケーブル丸ごと込で98グラム!
なんと100g切っていました。
コリャ軽量だなーと実感したレベルです。

ちなみにこのマウスは意外と普通のマウス形状なので、ゲーミングバリバリなマウスを好む方はマウスだけ自前の物を使ったりするのもありだと思います♪

もうひとつの付属品はキーボードとマウスの無線レシーバだった!

PCと有線接続することでVX2ゲーミングキーパッドとマウスを無線接続できるレシーバ

もうひとつの付属品がありました。
コイツ↑がそうだったのですが、一見何をするものだかわかりませんでした(汗)

片側にUSB-Aのケーブルがあってデバイスとの接続ができるようになっています。

そして本体裏側にはなぜか収納型のmicro USBケーブルが搭載されていました。

このデバイス何者かしら…と思い紙の簡易説明的なカードを見て納得!

ディスプレイ側やPCとUSB接続して、ゲーミングキーパッドとマウスを無線化するためのドングル的な無線レシーバでした(汗)

ちなみにType-Cで接続必要のあるニンテンドースイッチの場合は付属品のTYPE-C変換コネクタを利用してスイッチと接続できるようになっていました。

また、PS4は小職もっていないのであまりわかりませんでしたが
PS4のコントローラとmicroUSBの裏面ケーブルで接続してゲーミングキーパッドとマウスを無線接続して使用するようです。

その他の付属品としてはType-C to USB-Aケーブルがありました。

こちらはゲーミングキーパッドのUSB-Aコネクタと電源を接続して内蔵バッテリの充電を行う用のケーブルとして付属していました。

付属品もけっこー至れり尽くせりなVX2であります(`・ω・´)ゞ

VX2ゲーミングキーパッドとゲーミングマウスを実際に使ってみた

実際にVX2ゲーミングキーパッドとマウスを使ってみます。
まずは、キーパッド本体の左側面にある電源スイッチを投入してみました。

するとド派手にレインボーカラーにキーが輝き出しました。
まさにゲーミングデバイス….

色は各キー変化していくので全体的に虹色のLEDがホワーっと動くように見えるようなイメージです。

色のグラデーションが流れていって各キーの色が七色に変化していきます。

キートップの刻印はもちろんですが、キーの付け根からも木漏れ日のように盛れる明かりも美しい…

ゲーミングキーパッドのUSB-Aコネクタに付属のゲーミングマウスも接続してみました。
マウスも肉抜き穴部分が光り輝き出しましたwww

こういうデザインだったんですね。
マウスの色も変化していく感じです。

キーボードと合わせてド派手にLEDイルミネーションの色合いが七変化していきます♪

ちなみにレシーバーは青色LEDのままで地味な印象になってしまいましたw

手元にあったMacBook ProにVX2ゲーミングコンボを接続するもMac非対応だったりして

キーボードなんだから接続して設定しちゃえばどうにかなるんじゃね?
なんて思いでw
MacBook ProにVX2ゲーミングコンボを接続してみました。

しかし、マウスは普通に動きますがキーパッドがちゃんと動作しない(^◇^;)
macOS上の設定でキーボードの認識をさせようにも右シフトキーの左隣のキーを押してくださいとか言われても右シフトキーありませんしwww

というわけで、紙のマニュアルを確認してみると…

VX2が使えるPCデバイスは
macOSは対象外でした(^◇^;

とりあえずFortniteもMacBook Proにだけインストールしていたので、こちらでいきなり使えたら都合がよかったんですが残念(^◇^;

ちなみに対応機種はWindowsPCとPS4,ニンテンドースイッチ、Xbox系とのことでした(^◇^;
というわけで、WindowsPCを引っ張り出してきて実験継続してみようと思います。

紙のマニュアルは日本語でもしっかりと説明があって解りやすい♪

macOSで使えないのか!?なんてきっかけで読み出した紙のマニュアルですが、かなりしっかりとした日本語で詳しく書かれているのでとても解りやすかったです♪

各部の動作なども、図解でバッチリ解りました♪

使用対象のデバイスとUSB接続でレシーバを接続したらVX2のゲーミングキーパッドの電源を投入するだけで無線接続でキーパッドとマウスが動作する構成でした。

ニンテンドースイッチのクレードルに接続してゲーミングキーボードでの操作が実現できます。

Windows PCにはFortniteインストールしていなかったから導入からしておく

PC版のFortniteは無料なのですが、EpicGamesのアプリストアをインストールしてからアカウントを作成しておいて、そいつでログインすればOKな感じなのでサクッとインストールしてゲームで遊ぶことができます♪

しかしここで問題発生…..

MacBook Proにインストールしたときはストレージの空きが結構あったから全然気にしていなかったんですがw
WindowsPCにインストールしようとしたところ「インストールに失敗しました」なんてメッセージが登場しました(^◇^;)

よくよく見てみるとWindows10版のFortniteをインストールするには80GBほどのストレージの空きが必要ですとww

SSD 240GBだしそんな余裕がなかったので
色々とDドライブにファイル移動したりしてやりくりしてなんとか空けましたCドライブに80GB…(^^;;;:;

というわけで、再びインストール実行してみます(汗

にしてもインストールも結構時間がかかるので、じっと眺めていたりしないで放置しておくのが精神衛生上も吉だと思います(^◇^;

そんな間にVX2ゲーミングコンボをWindowsPCに接続して準備しておこうと思います。

Windows10ならば接続するだけで設定不要で認識されました♪

まあ、マウスとキーボードなわけですから接続しただけで認識してくれないと困りますがw
とりあえずVX2をWindows10で使用する場合は接続するだけですぐに使えます♪

しかし、まだまだFortniteのインストールには時間がかかりそうなので、さらに各部をチェックしてみます。

そういえば、先ほど詳しく言及していませんでしたがVX2ゲーミングキーパッドには右下にはアナログな感触のジョイスティックが搭載されています!

実際にキーボードを構えつつ左手の親指でグリグリっとジョイスティックも同時に操作できるというのがポイントです!

このスタイルでキーボードとジョイスティックの同時使用でかなり操作性が上がりそう♪
この手のゲームだとASDWキーを駆使してカーソルキーとしてキャラを操作する場合が多いのですが、そのカーソル操作がジョイスティックできてしまうのでこれだけでもVX2ゲーミングキーパッドの価値がありそうなところ♪

電源投入して7色に輝くマウスですが、実際に操作してみると本当に軽量感がいい感じ♪
あらためて手にとってもその軽さに感動を少し覚えてしまいました♪

そして、ゲーミングキーパッドは使用時はこんな感じで漏れ光るLEDの輝きが本当美しい♪

あと、キータッチもさすがの赤軸ってやつで、硬くもなく、柔らかすぎずかなり良い塩梅の感触が気持ちいいです。

上側から見るとインジケータ的な表示部もあったりしますが、キーのイルミネーションがド派手すぎてあまり目立たないwww

レシーバもリセットキーとかありますが、使うこともなくただ繋ぐだけでしっかりと動作して暗躍してくれています。

裏側のmicroUSBはPS4で使うようなので小職は使うことがありませんでした汗

やっとインストール完了したぞWindows10版フォートナイト!

さすが80GBも容量喰うゲーム。
フォートナイトのインストールがやっと完了しました(-_-;)

さっそく子どもにチュートリアルしてもらいながら始めますぜ!w

動作的にはCore-i5 SSD駆動なThinkPadでもちゃんと動作してくれています。

そしてマウスの操作感もスムーズで快適♪
VX2ゲーミングキーパッドはというとやはり親指でグリグリ操作できるジョイスティックが快適だよ!

そして、Eキーでアイテム拾ってと。。
個人的には慣れてくればかなりいい感じすぞ!

さすがにThinkPadの赤ポチとキーボード操作では無理…とか感じましたがw
コレなら行ける気がするw

なんてちょっと遊んでいるうちに、パパ貸して!とこどもにあっという間に奪われましたw

普段からニンテンドースイッチ版で遊んでいる子どもにVX2ゲーミングキーパッドとマウスでの操作感を聞いてみると「これならパソコンでもちゃんと遊べるね!」なんてそれほど違和感もなくふつーに遊んでいるよ!

さすがネイティブ世代。。。恐るべしですw

スイッチよりも大きな画面で遊べる状態になったWindows版フォートナイト With  VX2ゲーミングキーパッド&マウスコンボを使いこなしてフォートナイトで遊ぶ小学生の図w

なにやら数字キーで武器を一発で素早く選べるところがゲーミングキーパッドでの操作感としてメリットがあるそうですw

とりあえず、子どもはニンテンドースイッチに戻っていただきw

ワタシはPC版フォートナイトで子どもとデュオなるタッグ戦に参戦してみましたw

マウスとキーボードとジョイスティックでの操作。
あとジャンプはスペースキー、射撃はマウスボタンと結構複雑w

なんとか子どもについていって生き延びることができて初のデュオプレイでビクロイすることができました♪

たしかに、ノーマルのキーボードでフォートナイトを遊ぶよりも思ったように操作できるようになったVX2 ゲーミングキーパッドコンボ。

子どもと楽しくあそぶこともできるゲームをよりエンジョイするデバイスとしてアリなデバイスです。

あまりPCゲームしない小職もこのコンボでちょっといつもよりも楽しく、やる気出せました♪