3ヶ月料金無料!楽天モバイルUN-LIMIT徹底レビュー

容量不足で不安定になったニンテンドースイッチに新しいmicroSDカードでデータを引き継いで交換する方法

なんだか最近子どもたちがニンテンドースイッチの調子が悪い!
とよく言っていたんです(^^;
Joy-Conのスティックも壊れるし色々と課題が発生する機会の多いゲーム機なんですが…

小職

今回はゲームの中でメニュー表示させただけで、動作がものすごく重くなったりするものがある!とのことだったのです。

まあ、そんな内容だったので、どうせストレージが足りなくなったりしているんじゃね?
なんて思いつつデバイスをチェックさせてもらったのでした。

結果的にニンテンドースイッチのSDカードの空き容量は結構重要であることがわかりました。
同じように動作が重くなったり、ソフト起動中にメニューに強制的にもどされたり。

ニンテンドースイッチの動作が不安定な症状が起きている場合は、同様にSDカードの空き容量が少ない場合が疑われるので参考になったら嬉しいです♪

ニンテンドースイッチの設定「データ管理」でストレージの空き容量をチェックしてみる

子どもから拝借したNintendo Switchの設定メニューからストレージの残量などを確認してみました。
しかし、小職的には本体保存メモリーも19.1GBの空きがあるし(小職がたまにメンテナンスとしてSDカードにデータを追いやる設定にしてやったりしていました)問題ないように思えましたが、SDカード側の空き容量は2.3GBの空き容量が….

なるべくゲームを子どもに買ってあげる場合はダウンロード版にして、SDカードにモリモリ保存してやっていたんですが、そいつらも結構溜まってきたということですね(^^;

本体側が空いていようが、SDカードにゲームデータが入っているということは猛烈にダウンロードデータを溜め込んだり、アクセスしたり、スワップとかしていそうだし仮想メモリ的な使い方がパないと仮定すると2.3GBのSDカードの空き容量が少ないのかしら?

これが原因に思えてきたので、早速現在の64GBのmicroSDカードから、現在一番コスパの高い容量帯の128GBのSDカードをAmazonで購入してみて交換を試みることにしました♪

小職的には怪しいブランドのSDカードを選択する傾向にあるのですがw
問題が発生したらブーメランの如く、小職に問題が再び降りかかってくることを想定しw

ちょっと良いやつをチョイスしました(^^;

とりあえず2千円未満で128GBのSDカードが購入できる時代なのでかなりお手軽にSDカードのリプレイスを検討できるようになったものです。

というわけで、夜中にポチったのに、翌日の午前中にはポストに投函されているというw
あっという間にAmazonから配達されたSDカードを携えて容量倍増したSDカードへの交換を実施してみます。

Nintendo Switchの電源をOFFにしてからmicroSDカードを取り出す

まずは現在刺さっているmicroSDカードをSwitch本体から安全に取り出すために、完全にシャットダウンしてみました。

スイッチのシャットダウンは本体上部左側にある電源ボタンを長押ししたら画像のような表示なったので、電源オプションを洗濯してみました。

電源オプションの中に再起動と電源OFFがあるのでそちらから電源オフにするシャットダウンを実施しました。

完全に沈黙状態になったニンテンドースイッチ本体の背面にSDカードスロットがあるので、そちらにアクセスします。

一見、どこにmicroSDカードスロットがあるのか分かりにくいのですが、キックスタンドの中にあったりします(^^;

キックスタンドを持ち上げると、microSDカードスロットが現れます。
ここに刺さっているSDカードを爪で押し込むとヒョコっとカードが取り出せます♪

64GBのmicroSDカードが取り出せました。
こいつが空き容量2GBほどとなっているのですから、最近のゲームも結構容量を食いますね(^^;

Switchに交換してやる、新しい128GBのmicroSDカードを準備してみる

今回購入したのは、ちゃんとしたメーカーの製品の中でもセール中で手頃だったKINGSTONのSDカードを購入してみました♪

この手のパッケージって、決まって開封しにくいんですよね(^^;
とりあえず、ハサミを入れる部分が記載されていたので、言われるがままにハサミを入れてみました….

しかし、それだけではうまく開封できなかったので、結局ビリビリとパッケージの紙部分を破いてなんとか開封が完了しました(^^;

Nintendo Switch本体でずっと使用していた64GBのmicroSDカードと今回購入した128GBのmicroSDを見比べてみるとスペック的には少し早くなっているのか、表記がより増えている感じでした(^^;

まあ、ゲーム機用だし、小職的にはあまり気にしないのですがV10のSDXCカードということで少しはアクセス速度も早くなってくれるのかな…

スイッチ本体から取り外した64GBのmicroSDカードの中身をPCにコピーして退避させる

とりあえずスイッチ本体から取り外したSDカードの中身をPCに退避させます。

場合によってはmicroSD to SDカードサイズに変換するアダプタもだいたい付属しているので環境に合わせて使ってあげましょう。

結局のところ、小職の環境では、SDカードアダプタにmicroSDの状態で差し込んでそのままWindowsPCに読み込ませるのでこんな感じです。

WindowsPCでUSBドライブとして認識されるので、エクスプローラーで表示させてみます。

そうそう、フォーマット形式とか、どんなだったかも記憶になかったので既存のmicroSDカードの形式をプロパティでチェックしておきました。

今時のexFAT形式のフォーマットだったのでmacOSでも行けそうに思いましたが、ニンテンドー公式サイトで念の為Windowsでコピーしてね!とも記載されていたので、macOSでのSDカードデータコピーは自己責任となりました^^

注意
今時のexFAT形式のフォーマットだったのでmacOSでも行けそうに思いましたが、ニンテンドー公式サイトで念の為Windowsでコピーしてね!とも記載されていたので、macOSでのSDカードデータコピーは自己責任となりました^^;

参考 microSDカードのデータコピーNintendo Switch公式サポートサイト

WindowsのエクスプローラでSDカードの中身を表示させるのですが、念の為、隠しファイルも表示させるようにして中身をチェックしてみました。

隠しディレクトリも含めて、全て選択してから、Windowsのローカルストレージに丸ごとコピーしてやります。

60GBほどのデータが入っているので、それなりに時間がかかりますので、コピー開始させたらしばらく放置しておくのが精神衛生上もよろしいかと思います(^^;

実際に表示の通り30分以上はかかってたと思われます。

PCのローカルストレージに交換元のSDカードのデータを退避完了したら、交換先の128GBのmicroSDにコピーしてやる

しばらく放置ののち、Windowsのローカルストレージに元のSDカードの内容をコピーして退避完了したので、交換先の128GBの新品SDカードに退避したデータをコピーしてやります。

いきなり半分ほど容量を食ってしまいますが、これでNintendo Switch上では元のデータがそのまま使える状態でストレージ容量も倍増するので、後少しで作業完了という感じです♪

念の為、購入したKingstonの新品microSD 128GBをPCに接続してプロパティを確認してみました。

すると、そのままSwitchで使用できるexFAT形式でフォーマット済みだったので、そのまま利用可能でした♪
まあ、最近のSDカードなら最初からexFAT形式のフォーマットされた状態なんでしょうけど、念の為データの復元を行う前にチェックしておいてやるのが良いと思います。

フォーマット形式も同じで問題なかったので、退避させたSwitchのデータを新品のSDカードにそのまま、コピーしてやります。

やはり読み込みよりも書き込みのが時間がかかるので、この作業の際もコピー開始したらPCを放置しておくのが精神衛生上よいと思いますので(^^;

WindowsPCでデータをコピーして復元しただけの新しいSDカードをニンテンドースイッチ本体に差し込んでみる

WindowsPCを介してデータを移してやった新品のmicroSDカードをニンテンドースイッチ本体にそのまま戻してやります♪

SDカードを戻すんまで電源は入れてはいけませんよ♪

元のデータをコピーした新品microSDカード128GBを挿入後、ニンテンドースイッチの電源を投入!

元のデータをコピー済みの新しいSDカードを挿入したニンテンドースイッチの電源を投入してみました。

ちょっとワクワクですね♪

起動後設定メニューからストレージ容量をチェックしてみると!
SDカードは空き容量60GBと余裕の様子を呈しております♪(たりめー

これで、またしばらく子どもたちからも文句言われることなくスイッチをエンジョイしてもらえるってところですよw

ちなみに、PCでデータコピーしただけですが、画面のスクリーンショットもそのまま復元されています♪

当然購入したゲームなどもそのまま♪
セーブデータもそのままですしね。
なんて言うても今時のゲーム機なのでニンテンドーオンラインのサービスを利用していればクラウドでセーブデータも管理してくれるので色々と便利なんですけどね(^^;

空き容量が2GBのSDカードが挿入されていたスイッチでは、こんな感じにメニュー表示させただけでゲーム自体が落ちたりと言う症状がしょっちゅう起きていたらしいんですが(^^;

microSDカードの容量を倍増させて空き容量ができた状態となったので、ゲームが落ちたり不安定になったりなんてことも皆無になりました♪

とりあえず、ニンテンドースイッチのmicroSDを交換する場合は、PCでコピーし直してやるだけで、データもゲームもそのまま復元されますので、SDカードを大きい容量に交換すべきなのか、迷っている方がいたら、今回の方法で簡単に移行できて子どもたちも満足してくれたので、参考にしてみてください♪

128GBのmicroSDカードもかなり手頃な価格帯になっているのでリプレースするにはちょうど良い時期な気もしています♪