古い自作デスクトップPCにUSB3.0をPCI Expressボードで増設したらちょっと楽しかった

こんにちは小職です!

今回は永らく使っていた、USBポートが沢山ある
外付けUSBハブが逝ってしまいました。

最近はノートPCの稼働率の方が圧倒的に高いけど
写真撮ったあとにクラウドアップロード作業をする際に
USB経由でデータ取り込みをする機会の多いマイデスクトップPC

古い自作デスクトップPCにUSB3.0をPCI Expressボードで増設したらちょっと楽しかった

小職にとってのそれくらいの使用頻度でしたが(^^;
デスクに据え置けるUSBポートが無いと不便なので
新しいモノを物色してみました♪

軽くチェックしてみると
今どき、USB3.0のハブがメインですね!

しかし、考えてみたら
SSDにしたりCPU中古ゲット交換したりと
延命し続けたら普通にWindows10が使えてしまっている
小職のデスクトップPCにはUSB2.0ポートしかありませんでした!

古っ!

というわけで、特に対応デバイスの常用とかしていませんが
気持ち的にPCI ExpressカードでUSB3.0ポートを増設して
外付けUSB3.0対応ハブを導入してみたらちょっと楽しかったので
のんびりとレポートしてみますね♪

 

結果的には微妙だったけど、気持ち的には楽しい結果に♪

しかし、考えてみたら、小職はUSB3.0のデバイスって
外付けHDDくらいしか持っていなかったんです。

デスクトップPCなだけに起動ドライブのSSD以外にも
大容量内蔵ハードディスクもあったりするので
外付けUSB-HDDをデスクトップパソコンにわざわざ接続しないんですよね(^^;

USB3.0ポートを増設することで得られる
小職の希望的観測としては
一眼レフカメラで撮った画像を
SDカードから転送する際の速度が
ちょっとでも早くなったらいいかな♪

くらいしかありませんが
そんな軽い気持ちで導入してみました。

安い!USB3.0 増設用 PCI Expressカード 1,000円ナリ

とりあえず、アマゾンでPCI Expressに接続して
USB3.0ポートを増設できる拡張ボードを探してみました。

すると…いろいろありますが
どれも安っ!

あやしい中国の出品者アイテムもいい感じでしたが
とりあえず日本のメーカー製の拡張カードをチョイスしてみました。

その名も『AREA USB 3.0ポート 増設PCI Expressボード』

アマゾン配送だったので注文した翌日にはサクッと到着していました♪

外観はこんな感じ↓

この製品の特徴は以下の通り

  • USB3.0 Port × 2ポート増設できる
  • 省スペースPCのロープロファイルにも付属の専用ブラケットで対応
  • Windows10対応 (もちろん Win8 / Win7 /Vista /XPも対応するドライバ付属)
  • RENESAS D720202コントローラー搭載モデル

といった感じでした。

とりあえずUSBハブで延長させて
手元で利用するつもりなので
2ポートあれば十分って感じでチョイスです♪

この商品は現在取り扱いされていません

パッケージも日本語でしっかりと書かれているので
電源供給が必要なんだよ!とかいろいろよく判りました♪

なんだかコントローラのチップも
いい感じのモノらしいんですが
かなり激しいアクセスさせたときに
本領発揮してくれるんですかね(^^;

 

とりあえず、開封してみます♪

たんなるUSBポート増設カードなんだから
拡張ボードが一発入っていればいいんじゃね?
という気持ちだったんですが
しっかりと説明書やドライバCDも入っていました♪

さすが日本のメーカー製品なので親切な感じですね。

電源供給用のピンがあるので
増設時に電源ケーブルをセットしてから
PCI Expressに差し込むこととします。

そうそう、ロープロファイルブラケットも付属していますが
小職のデスクトップはふつーにデカイ箱なのでそのまま使用しました。

取り付けについては、また、のちほど(^^;

 

一緒にポチった USB3.0 4 Ports USB HUB with Holder

USBポート拡張カードと一緒にポチったのがこちら↓

こちらは謎の中国メーカーのUSB3.0ハブです。
謎のスタンド機能があるところ(後述)に惹かれましたw

スマホとか充電するような用途はしたくなかったので
ACアダプタでの電源供給も不要なシンプルなタイプのUSBハブです。

こちらも開封してみる♪

箱を持ってみて、最初の感想は

『軽いっ』

でした(^^;

電源不要タイプなのでそりゃそうなんですが
スタンド機能があるからなんか重しとか
内蔵しているのかな…

なんて思いましたが
なんてことはなく普通のUSBハブでしたw

USB3.0 4ポートハブ と USBケーブルが付属です。

ケーブルは1mくらいあるのでちょうどいい感じでした♪

 

ポート数も控えめな USB 4口 搭載 HUB

いまどきだと、ハイパワーなACアダプタ付属で
スマホもガンガン急速充電!

みたいな派手でポート数もこれでもか!w
と、たくさん搭載している製品もありますが
こちらはデータ転送をたまに…
なんて地味な用途にはぴったり。

そうそう、スマホスタンド機能があるよ!

機能….なんて言っても
どこかが可動するわけでもなくw

背面側にスタンド留があって
三角形状を利用してちょいとスマホが置ける感じです。

スマホをスタンドさせてみたw

スタンドさせるとこんな感じに↑
でも、充電機能の無いハブなので
ホント置くだけって感じですけどね。

まあ、地味に使用する訳なので
いつもスタンド側を手前にして
置いておいてもいいかもしれません。

横向きにしてスマホを設置もできたよ

まあ、角度調整も無いから
ほんと単なる置き場なんですけどね(^^;

正面に4ポート 側面にはUSB-INのポートがある

付属のType-Aケーブルで接続する
USB IN ポートは横にあります。

突然 タブレットをスタンド面に設置してみる

これは危険でした。

 

なにせスタンド自体がけっこー軽いので
スタンドはギリギリ引っかかっていますが
画面タッチなどしようものなら
バランスを崩して倒れます(^^;

絶妙なバランスです….

タブレット設置については、あまりおすすめな使用法ではありませんでした。

といいますか、USBハブでちょっと遊びすぎました(^^;

 

自作PCの中を久々に開けてPCI Expressにカードを増設する!

いやー久々♪

自作PCのケースを開けて
拡張カードを増設する準備にとりかかります!

そういえば、このUSB3.0増設カードには
電源を接続してやらないとならないのですが
PCIスロットなのでちょい遠いのですが
そんなところに届くケーブルなんてあったっけ…

なんて中身のことも記憶に無いレベルだったんですが
中を見てみたら、ちょうど良さそうなところに
4ピンから今回使用するコネクタに延長して
変換してくれる素晴らしいケーブルがあったよ!

意外にもすんなりとw
電源コネクタも接続できました♪

コネクタ接続も完了したのでPCIスロットにセット~!!

PCI Expressといいますか
PCIスロット自体がビデオカードを1つ刺しているくらいで
ほぼ空き状態www

PCI Expressってこんなに短い端子だったんだっけ
と超短いスロットに拡張カードを挿し込んで
ケースの固定金具(ネジ留めとかじゃなかったw)
でカードの固定も簡単に完了したので
無事に取り付けが完了しました(^^;

こういう作業ホント久々!

外付けUSB3.0ハブも設置して使用可能になったよ

増設したカードにUSBハブ付属のケーブルを接続して
デスク上に這わせて、いい感じの場所にハブを設置して
ケーブルをセットするだけでWindows10が
勝手にドライバ入れてくれたので普通に利用可能になりました。

SDカードリーダーなんてUSB3.0のモノ無いけど早くなるかな…

とりあえず、一眼レフで撮影したデカイRAWデータを
PCに取り込む作業が一番用途として多いので
さっそく試してみました♪

SDカードリーダーもいくつかあったので
それぞれで同じデータをPCに取り込んでみて
速度をチェックしてみようかと思います。

そんな厳密な計測じゃないんですけどね(^^;

まずは、こんな奇抜なSDカードリーダーから初めてみたw

これSDカードはフルサイズでもmicroでも刺さって
接続先はPCのType-Aの普通のUSBでも良いし
スマホ等のmicroUSB端子に挿せばUSBホスト的な
動きでスマホからも認識できるというw

怪しい中華製のリーダーです。

もちろんUSB3.0対応でもありません(^^;

あと、microSDカードはTranscendのふつーの32GBのものを利用しました。

 

USB2.0相当となるタッチパッドのUSBポート経由で使ってみた

USB2.0相当のポートを有する外付けスライドパッドの
ポートにこの奇抜SDカードリーダーを挿し込んでみました。

とりあえず、SDの中をPCのデスクトップ(SSD駆動)にコピーしてみると!

うーん 16.7 MB/s という数値がでました。

なんか微妙な値ですね(^^;
激速い感じでもなく遅すぎな感じでもなく(^^;

とりあえず、この値が基準になるかな…
というわけで計測を続けます。

 

もっと古そうなmicroSDカードリーダーで同様に試してみる

これはまた、古そうなUSBのSDカードリーダー
といいますか、32GBも普通に読めたので
普通のスペックなのかな…

さっきの奇抜SDカードリーダーよりも
5年前くらいに入手した気がするw
こちらのUSB microSDカードリーダーは
意外にも対して変わらない転送速度が出ていました!

16.4MB/s とのこと。

こんな値ではほぼ同じ感じがしますね。

USB3.0拡張カードのポートに直刺しで試してみる

USB3.0ハブから更に別のUSBデバイスを介したりと
いろいろと間接的に使用していた気がするので
今度は直接、増設したUSB3.0ポートに
カードリーダーを直接接続でためしてみました♪

奇抜なSDカードリーダーは
向きが反対だったら刺す位置も
考えないとならなかったけどw

奇跡的にいい感じに接続できましたww

そして、計測結果は!!

おおお

ちょい速くなってる!!!

19.2 MB/s ですって!

とてーも簡易な計測でしたが
2MB/sほどスピードアップしていました。

まあ、気持ち速くなった気がするのでヨシとしましょ。

 

ノートPC用途のけっこう最近買った小型microSDカードリーダーも発見

ふと、USB小物が雑多に入っている小箱を眺めると
新たなSDカードリーダーが登場しましたww

こちらは、より最近購入した気がします。

でも、もちろんUSB2.0仕様でしょうね。

とりあえず、コイツはいきなりUSB3.0ポート直接に挿し込んで試しました!

….

すると….

なんと新記録出たーw

21.6MB/s ですって!

さすがより購入時期が最近なだけあります(きっとあまり関係ないw)

 

まとめ:USB3.0 ポートを増設してみて

とりあえず、一番速いカードリーダーが判ったので
そいつをSDカードのデータ転送時は利用することにしました。

まあ、圧倒的性能アップ!!というよりもw
気持ち的な感じが多い今回のUSB3.0増設でしたが(^^;

でもSDカードリーダー自体がといいますか
現在の手持ちのSDカードにも起因すると思いますが
USB3.0の恩恵を受けづらいブツばかりでしたので(^^;

ちと有効活用できる道を考えてみようかなーと思います。
やっぱUSB3.0対応外付けHDDとか別の部屋から持ってくるか…

やはり本末転倒だしなー
まあ、その編は追々と。

とりあえず、手軽にUSB3.0ポートは
PCIカードで増設できましたので
ちょっと迷ってる。とか必要なのかしら…
といった方の参考になったらうれしいです(^^;

2 Comments

BINGE

こんにちは、兵庫県在住BINGEです、当方もUSB3.0カードを増設したんですが、12V電源の追加(補助?)で、SATAコネクターを、カードに差すではないですか?

当方は、これをせずに、パソコンを立ち上げてしまい、パソコンがカードを認識しなかったです!
この一件で、苦労しました!

よろしければ、この件を記したホームページをご覧ください。

124.USB増設カードについて
http://binge3.web.fc2.com/bun/124.html

別メーカーのUSB3.0ボードを購入する際に、このコネクタの件、確認しました!

それでは。

BINGE/binge2.web.fc2.com

返信する
shoushoku

BINGEさん コメントありがとうございます!
確かに補助電源は気づかないとハマりそうですねー。
今回小職の購入した製品はたまたま国内メーカーの製品だったので
けっこう丁寧に説明が書いてあったので大丈夫でした♪
それよりも久々に開けるケースの中のケーブルのやりくりのが大変だったりしました(^^;

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください