MENU

カテゴリー

Amazon Echo Dotをワイヤレス化できる バッテリー内蔵スピーカーがお買い得すぎた!【完全無線アレクサ!】

 

小職

最近あたらしいAmazon Echo Dotが登場したから、旧世代となる第2世代用のエコードットアクセサリで特価品が多くてw 思わずポチってみたら!かなりいい感じのアイテムなのでレビューしますよ♪

こんにちは!
先日コソッとトップ画像とアイコンをリニューアルしちゃった小職です♪

現在の小職をイメージして作られたw
新しいトップ画像はどうですかね!?

というわけで
今回はアレクサ!でおなじみのAmazon Echo Dot用の5,000mAhバッテリー内蔵スピーカードッグが普通にお手頃価格で売っていましたのでポチってみました♪

しかも、エコードット専用レザーケースをカートに一緒に入れて決済すると
専用レザーケースが無料!なんてキャンペーンも開催中でしたよ!

お急ぎ便でサクッとバッテリー内蔵echo dotスピーカードックが到着したよ!

サンワダイレクトさんが販売してamazon.co.jpが配送なのですなわちプライム対応商品だから送料無料で光の速さで到着しました♪

 

例のおまけも一緒に到着です♪

MEMO
小職が購入したときに開催されていたレザーケースを一緒にポチると無料!キャンペーンは現在は終了してしまっているようです。
しかし、現在も相場的には超特価な 2,480円でしっかりと販売中なのでチェックです♪(2019/1/17現在)

思っていたよりも大きいぞ!このEcho Dot専用スピーカー!

とりあえず、開封してみると中身はこんな感じでシンプル♪

  • バッテリー内蔵スピーカードック本体
  • 充電用microUSBケーブル
  • 紙の説明書

思っていた以上に本体が大きいのでお得感がマシマシです♪

Echo dot 2nd.gen を縦に5台くらい積んだ高さになりますのでちょっと迫力が出そうです。

Echo dot. ではなくてEcho的なサイズ感の迫力にパワーアップできるかな!?

ハンズオンしてみるとバッテリー内蔵ながらも異常に重いとかは無い。いっけん普通のスピーカー

手に持ってみると、スカスカなスピーカーほどではありませんが、ちょいずっしりしている感じの程よい重量感でした。

簡単にコロッと倒れたりなんてことにはならなそうなドッシリ感。

なんていうか、大きい海苔の入った茶筒的な外観ですw
(このサイズだと相当海苔がたくさん入っているタイプのヤツです。)

スペック的にはこんな感じ↓

商品の説明
【仕様】
■サイズ:約W105×D105×H180mm
■重量: 約625g(本体のみ)
■実用最大出力:10W(5W+5W)
■周波数特性:60Hz~15KHz
■スピーカー形式:密閉式フルレンジスピーカシステム (防磁設計)
■スピーカーサイズ:2.0インチ(直径約52mm)
■インピーダンス:4Ω
■外部入力:3.5mmステレオミニジャック
■電源:内蔵リチウムイオン電池(容量:4400mAh)、またはUSBポートより給電(DC5V 1.8A)
■充電ポート:micro USB
■充電時間:約5時間
■電池持続時間:約6時間(ボリューム60%時) ※使用条件により異なります。
■付属品:USB給電ケーブル約100cm×1
■生産国:中国
■取扱説明書:日本語取扱説明書あり
■保証期間:購入日より6ヶ月
※Amazon Echo Dotは含みません

【対応機種】
■対応機器:Amazon Echo Dot(第2世代/2017年発売モデル)
※2018年発売のAmazon Echo Dot(第3世代/2018年発売モデル)は設置できません。

【ご注意】
※外部音声入力にケーブルを接続すると、Amazon Echo Dotへの給電が停止し、外部音声入力が優先されて出力されます。

★この商品はAmazonの倉庫からの発送になります★ 発送とお届けの時期に関しましてはAmazonの配送サービスに準拠いたします。

内蔵バッテリーはリチウムイオン電池 容量4,400mAhでした。
だいたい5,000mAhって感じかー
でも、エコードットなんて省電力っぽいから大容量ですね。考えてみればw

連続使用で6時間使える!とのこと。
これさえあれば、キャンプなどのアウトドアのお供にもできちゃいますぜecho dotを!

とりあえずバッテリーを充電させておきます

microUSBの充電用コネクタが裏側の下部にあります。
そちらに既存のmicroUSB充電器を挿してみたら普通にチャージ状態になったので放っておきます。

マイクロUSBコネクタの右側にはAUX IN端子も備えているので、echo dot以外のデバイスの接続にも対応♪

バッテリー内蔵モバイルスピーカーとしても使えるようです♪(デカイけどw)

本体上部にはアレクサ様じゃなかったEcho dotを設置するドックとコネクタ類を備える

 

 

上部にはぽっかりと丸いホール状にあいたアレクサ様置き場があります。

側面から内蔵電源ケーブルとスピーカーケーブルを差し込む穴があるので、その位置に合わせてecho dotを設置します。

ちなみにアマゾンロゴは見えなくなってしまいます。

構造的には、マジンガーZの脳天に操縦席のある飛行機が合体する感じとか言うとおじさんたち泣いちゃいますかねw

底面には滑り止めゴムも内蔵しているので安定感もばっちり♪

テーブルの上にちょんと置いてもしっかりとしたサークル状に配置されたゴム足があるので、設置面からすべり落ちるようなこともありません。

安定感のある構造です♪

アレクサをフィードイン!!(echo dotの設置)

コネクタ部分が側面上部の穴にぴったりと来るようにecho dot本体を載せて設置します。

エコードット設置面はスカスカでもなく、キツキツでもなく丁度よい塩梅の設置感でした。

アレクサを設置してみたところです♪

 

 

そんなにキツくハマるものではないので、倒した時にアレクサがポロリしないかしら!?
なんて思いましたが、側面からのケーブルも刺さっているので、間違えて倒してもアレクサポロリにはならない感じなので大丈夫でしたよ♪

echo dotの輝くブルーネオンはそのままにドットからノーマルサイズのエコーにクラスアップできちゃった感じです♪

サンワサプライの製品なのでちゃんとした日本語説明書つき♪

そういえば、怪しい中華アイテムじゃないブツをレビューするのが久しぶりかもwwww
とか気づいてしまいましたが、サンワサプライ製のアクセサリなので、ちゃんとした日本語説明書が付属していましたよ♪

こいつ非常用のモバイルバッテリー的な給電機能もあったりしたら超スグレモノ!とか思っちゃいましたが格安スピーカーなので、そこまで求めちゃだめですよね(^^;

何気にちょっと特殊なecho dot給電を行なっているので専用品として利用しましょう(^^;

サウンド的には迫力が5倍くらいパワーアップできているかも!

小職は普段echo dotは標準状態の内蔵スピーカーで十分楽していたんですが
といいますか、ワタシよりも子供たちのが利用頻度高いんですけどw

鳴りはいいけど低音を感じるとかは皆無なレベルの内蔵スピーカーなもので
このバッテリー内蔵スピーカードックを使ってみたら迫力がかなりマシマシになりました!

いままで感じなかった音の太さというか、低音域もちゃんと鳴っている感じでけっこーパワフルに感じました♪

全方位スピーカー的な構造みたいですが、ステレオ感もちゃんと感じられましたw

2,480円で小さいアレクサがここまでパワーアップしてくれるなら儲けものです♪

そういえば、おまけのレザーケースの存在を思い出したw

スピーカードッグの鳴りに十分満足してしまった小職でしたが
ふと思い出しましたw おまけの存在を!

というわけで、限定キャンペーンとしておまけになっていたレザーケースもチェックしてみます♪

けっこう高級感のあるパッケージに封入されていたよ!
しかも合皮だと思い込んでいましたが本革ですって。

おまけなのにプレミアムw

開封してみると、本革の上品なEcho Dot専用レザーケースがそこに!

ステッチの効いた上質なブラウンのレザーをふんだんに使用♪
とか、本革と判ってから見え方がちょっと変わってしまいましたよw

スポッとamazon echo dotをスリップインして装着

真っ黒な小職のアレクサにぴったりなブラウンレザーアレクサに変身しちゃいました。

うーんラグジュアリーw

 

 

 

 

おまけとして付けるからには、、、そのままスピーカードックに突っ込んでみる!

というわけで、無料特典のレザーケースを装着したまま、スピーカードックにフィードイン!!!

そりゃ当然ハマりませんがな….

まあ、旧世代となる投げ売り状態のecho dot.専用アクセサリですからねw
なんとなく特典になっていたのでしょうね。

もちろん、このレザーケースを装着したままだとスピーカードックにはハマりませんのであしからず(^^;

今回のバッテリー内蔵スピーカードック 最大のメリットはアレクサのワイヤレス化でした!

とりあえず、あしばやにレビューしてみたんですが
小職家ではアレクサはおもにこどもたちが利用しているということで、いたずらされない高い場所に設置w なんてこともコンセント事情に関わらず実現できるバッテリー内蔵スピーカードックは購入してみてよかったアイテムでした♪

(音声操作で子供たちにいたずらされるのは相変わらずですが…)

結果的に、サンワサプライロゴのみが見える状態になってしまったアレクサ様なのでw
自分でステッカー貼ったりしてデコってみるものまた一興です♪

子供達が寝静まってから、自室にそのままコソッとワイヤレスになったアレクサを持ち出して楽しむ。
なんていままでにコンセント付け替えとか面倒でやる気もおきませんでしたが、こんな楽しみ方もバッテリースピーカドックならではかもしれません♪

これで、2,480円なのですから、第2世代 echo dotを標準使用してきたユーザーならゲットをおすすめできちゃうアクセサリでしたよ♪

 

Facebook
Twitter
Feedly
SHARE