Alldocube X (U1005E) 【実機開封レビュー】 2.5K 有機EL AMOLED液晶 薄型でパワフル高解像度!Androidタブレット

小職

昨年のINDIEGOGO登場から気になっていたデバイスだったのですが、なんとAlldocubeさんからレビュー用実機を直接提供いただいたのでガッツリとレビューしてみますよ〜♪

Alldocube XについてはINDIEGOGOで出資がはじまった頃に以下のような記事を書いていますのでそちらもご参照ください♪
Alldocube X コスパ高し!2K AMOLED搭載 注目のAndroidタブレットAlldocubeXがINDIEGOGOでクラウドファンディング開始!

昨年の秋頃出荷予定でINDIEGOGOはやっていたと思うのですが、年末近くに覗いた頃には、まだ出荷しないのか!?とか掲示板がちょい荒れ気味でそっ閉じしたものでしたが(^^;

Alldocube X実機デバイスの方は年明けくらいから出荷になったのかな…
ちょっと登場が遅くなっていた様子でした!

一般発売に関しては商品ページがGearBestさんに新登場したようでフラッシュセールが開催されていました!
気になった方はそちらもチェックしてみてください♪

2.5K

Alldocube X 10.5inch 2.5K AMOLED Tablet

日本国内であれば、Alldocubeさんはamazon.co.jpの公式ストアもあるから今後新登場するのかしら!?
といった状況のようです(^^>

目次

CUBEテープと厳重に完璧なエアクッション梱包でAlldocube X実機が配達されたよ!

とってもしっかりとした梱包で安全に小職の自宅に佐川さん(国内配送担当)によって配達されました!

厳重なエアクッション梱包を剥がすと美しいALLDOCUBEボックスが!

つや消しブラックにゴールドでALLDOCUBE社のロゴが入った特製ボックスがあらわれました。
なんだかボックスからして気合い入っている感がひしひしとしてきました。

小職的には過去にWindows10 2in1なiwork10とかけっこう欲しい感じだったんですが、結果ご縁なく買ってなかった感じなので、Alldocube製品に初めて触れるのですがナカナカよさげデバイスの雰囲気がビシビシきていますw

Alldocube X 開封の儀!

Alldocubeのブラックボックスをいよいよ開封しますよ〜!

パカッ!

半透明なポリエチレン塩化ビニール袋に収まっているAlldocube X本体がいきなり登場しました♪

ボックスの内部を確認してみると、他にはUSB Type-C ACアダプタとType-CのUSBケーブルが入っていたのみでした!

(↑写真ではあえてサイズ感がわかるように単3乾電池をタブレット本体の上に置いています♪)

説明的なカードなども無く超シンプル構成でびびった。
それだけAlldocube Xへのこだわりというか自身が伺える感じがしましたよ♪

美しい仕上げが特徴的なメタルボディな背面もチェック!

今風な雰囲気のサラサラな表面仕上げのメタルボディ製の背面です。

メタルボディだからちょっとひんやり。

 

うーん、林檎の某book的な風合いでいい感じ。
高級感もかなりありますよ。

白を基調とした全面にあわせてシルバーカラーの背面もとてもマッチした色合いです。

指紋認証センサーは横持ちの際は右サイドに位置します。

サクッと初期設定時に1つの指紋を登録しておきましたが感度はなかなか良好でした。
さっと触れてロック解除が可能です。

その後Alldocube Xを使い込んでみると、縦スタイルでの使用が便利になってきている今日この頃なのですが、縦にタブレットを持つ場合は下側に指紋認証センサーが位置するように持って、右手親指も指紋認証登録しておけば、縦持ちでもサクッとロック解除ができました。

サイズ感がわかるものと並べて比較チェックしてみる♪

恒例な感じではありますが、新しいガジェットを入手したらこれをやらないとですよね♪

A4コピー用紙とAlldocube Xのサイズ比較

とりあえず。Alldocube Xのサイズ感がわかるようにA4サイズのコピー用紙の上にAlldocubeXを重ねて置いてみました。

大体A4コピー用紙の1/3くらいの大きさでした。

大画面な割には意外とコンパクト。

といった感じがわかるかな!?

横向きのときの左右の狭額縁感はこのサイズのタブレットでは新感覚な気がしますよ♪

8インチタブレットとAlldocube Xのサイズ比較

次にサイズ比較してみたのは、ちょい前のWindows10タブレット(8インチ)

まあ、ちょい前のなんて言ってもこのサイズのWindows10タブレットは新機種も登場していないもはや絶滅危惧種な感じですけどね。

うーん、このサイズ感は微妙かな。

ふつーに2まわり大きいサイズ感。そのまんまや!

狭額縁ならこちらのが上なMatebook XとAlldocube Xをサイズ比較してみた

狭額縁我が家最強なノートパソコンのMatebook X(13インチ)とサイズ比較するとこんな感じに。

こう見るとコンパクトな感じがしてきた♪

そうそう、Alldocube Xの方が解像度がQHD(2560 x 1600)とMateBook Xよりも高解像度なんだなー。

解像度なら同等なMacbook ProとAlldocube Xのサイズ比較

QHDといえばMacBook Proと同じ解像度なんですねー!

Alldocube Xの驚きのQHD解像度を早く堪能したい気分ですが、最後にMacBook Proとサイズ比較してみました。

縦にするとMacBook Proの半分くらいのサイズ感でしたよ!

というわけで、サイズ感は掴めたでしょうか(・・;)

ちなみに小職のMacBook Proはスペースグレーなので完全シルバーなAlldocube Xは白い感じをより感じました。

まだ電源を入れるまで辿り着いていないのになんだか既に疲れてきたよ…パトラッシュ…

ファースト電源オンの儀をはじめます!

サイズ比較でお腹いっぱいになってきてしまいましたが
やっとこさ初の電源投入を試みてみますよ!

電源ON!で登場した ALLDOCUBEロゴが眩しい♪

仮想ライバルであるSamsung Galaxy Tab S4 (10.5″)と同じ液晶である
2.5K AMOLED QHD液晶が搭載されていることが起動画面からもアピールされています。

確かに美しいよこの液晶!

繊細な表示がなされる液晶でかつ明るくて鮮明な印象です♪

ログイン画面からして解像度高い感がすごいよ!

とりあえずファーストブートが完了したところです♪
鮮やかなブルーのウェルカム画面が表示されました。

まずは言語の選択へと続くのでありました(^^)>

言語設定はいきなり日本語も普通に選べたから安心したぞ!

言語の選択画面では、一番下までガーっとスクロールさせると
日本語がちゃんとあったよ!
Nokia X6のようにMorelocale2地獄にはハマらないで済む模様♪

Androidが起動したよ!

言語設定に続き、wi-fiやらアカウントの設定を終えれば見慣れたAndroidのホーム画面が登場しました。

しかし、アイコンが超まばらにかんじるよwww

Alldocube Xはほぼ素のAndroidがインストールされているので、不要なアプリも特にインストールされていません!
このあたりも好印象♪

繊細で鮮やかな表示!確かに液晶キレイだ〜〜!

隅までくっきり鮮明で鮮やかな表示の液晶ディスプレイ!
さすがAMOLED!

写真ではあまりうまく表現できていないかもしれないんですが(^^;

小職の手持ちのデバイスの中では、個人的にはHuawei Matebook Xの液晶が一番美しく感じているのですが(MacBook Proよりもw)それに次ぐ美しさかもしれません。

MacBook Proの液晶は、美しいとは思うのですが、くっきりとした感じ?が個人的にちょい足りない印象なんですよね〜

シャープな印象だとAlldocube Xのが上かもしれない♪

なんていうか、ちょい派手めな画質といった感想です。

Alldocube XでログインしたらGoogleさんからお知らせが来て U1005Eという型番を知ったよ

新しいデバイスでログインするとお知らせしてくれるGoogleさんのメールでAlldocube Xの型番がU1005Eという型番であることを知りました♪

アプリの更新もおすすめしてくれているGoogleさんのメールでありました。

そうそう、アプリが全然入っていないから、常用アプリをガシガシインストールすることからはじめることになると思います♪

というわけで、ガシガシとよくつかうAndroidアプリをGoogle Playからインストールしまくるの図です。

感度もなかなか良好!指紋認証はAlldocube Xを横持ちの場合は右サイドにあるよ

指紋認証センサーはデバイスを横向きで使用時は↓こんな感じの位置にきます。

Alldocube X の側面をチェックしてみると↓こんな感じ♪

平面的になっている部分が指紋認証センサーです♪
ボタンではなく無可動なセンサーでした。

 

デバイス横向き使用ならば、右手人差し指で認証解除するのがベターなようです。

指紋認証の感度は良好でした♪
ちょっと触れるだけでロック解除されます。

デバイスを縦に持ったときは小職の場合は指紋認証のある側が下に来るように使うのが定番になってきました♪

なぜかというと、縦持ちの際は右手親指で↑こんな風に認証解除するのがらくらくだからです♪

まあ、指紋認証を上側にして左手の人差し指でさくっと解除するのもらくちんなのでお好みのスタイルで利用できると思います。

したがって、指紋認証は自分の利用するパターンに応じて複数登録しておくのがおすすめです♪

ついでに、外周をさらっとチェックしてみました。

(Alldocube X横持ち時)デバイス下側にはマイクだけあります。

(Alldocube X横持ち時)デバイス上側にはステレオスピーカーとSIMスロット…のような形状のmicroSDXC専用スロットが搭載されています。

ちょっと期待外れだったのがスピーカーでした….

AK4376A Hi-Fiチップ搭載!なんて謳っているので
けっこード派手に鳴るのかな!?なんて想像していましたが、割とふつーの音質。

といいますか、Huaweiデバイスのこんな小さいスピーカーからスゲー音が鳴っているよ!
というDolbyAtomosに慣れてしまっている小職の耳にはちょっとパワー不足に感じました。

なんというか、低音が足りないんです….
あと立体感もあまり無くて(^^;

スピーカーについてはAlldocube Xちと残念な気がしましたorz

指紋認証のある側とは反対側の左側面に電源ボタンと音量上下のボタンがあります。

カメラは真ん中にあるよ

カメラの位置は横向きにデバイスを利用時は真ん中に位置しています。
画質は8MPのシングルカメラでいたって普通な印象(^^;
ちなみに前面カメラも8MPのようでした♪

まあ、タブレットのカメラってあまり使わないからこんなもんで良いと思いますw

あとサクッとポチった10インチタブレット汎用のケースもぴったりでした♪

こちらについては今度あらためてレビューしますね♪

一見SIMトレーのようなmicroSDカード専用スロット

スピーカのある側にSIMトレー形式のmicroSDスロットがあります。

トレーの形状を見て、あれ!?Alldocube Xって4G LTEあるんだっけ!?
なんて思ってしまいましたが、そういったパーツを流用しているだけなのでSIM挿しても無反応なので注意です♪

一瞬microSDとSIMが排他利用なのか!?とか思っちゃう形状なんですけどね(^^;

microSDXCカードを挿すと内部ストレージとして加算されて利用可能!

まずはmicroSDを挿していない状態のストレージの状況です。

常用アプリをそっこーインストールしているのでw
すの状態ではありませんが内部ストレージは64GBあるので余裕の空き状態です!

挿したmicroSDXC(その辺に転がっていた32GBを適当に挿してます(^^;)をチェックしてみると…
「内部ストレージとしてフォーマット」なる項目があった!

これはもちろんAlldocube Xでフォーマットさせて利用するしかない♪

内部ストレージとしてフォーマットするとAlldocube Xでのみ使用できるカードになるので注意です♪

そんな事言われてもイイw

さっそくフォーマット!

フォーマット完了後にストレージをチェックしてみると!
端末のストレージ容量にmicroSDカード分が加算されて96.01GBになりました♪

その他ストレージの管理もOSにおまかせの設定を適用させたので、もはやアプリをSDカードに必死に保存させる!なんて意識も不要で無意識で大容量内部ストレージが利用できちゃいます♪

この辺も最近のAndroidデバイスって使いやすいですよね♪

拡張性も高いぜ!

ついでに表示を自分好みにカスタマイズしてみた

 

内部ストレージの設定もおこなったので、ついでにAndroidの表示の設定も行いました♪

フォントサイズの変更

フォントの表示サイズのカスタマイズ項目から確認してみました。

上の画像はテキストサイズのスライドバーをデフォルト、最大、最小にしてそれぞれ表示させてみたところです。

さすが2.5K液晶!最大でも十分広いぞw

といいますか、こんな状況でもとりあえず「最小」の表示設定を選択した小職でありました(^^;

表示サイスの変更

吹き出しとかのオブジェクトの表示サイズの調整項目も各サイズで表示させてみたので見比べてみましょう♪

うんうん、このあたりの設定もスマホだと、まじでデカイでしょ!
みたいな最大表示になったりもしますが、解像度の高いAlldocubeだと最大表示でも広く表示できる感じですね。

なんて言いつつ、こちらの設定項目でも「最小」設定を選択する小職でした(^^;

このあたりの設定を行うことで、Alldocube Xのより広い解像度の画面を堪能できるんですってば♪

2.5K(2560 x 1600)の解像度の広さを感じられるのはどんなとき!?

というわけで高解像度QHD 2.5Kを感じられる場面をちょっと収集してみました♪

FeedlyでRSSを見るときも広い画面で多くの情報をサクッとウォッチできました♪

また、Google Mapを開いたときも画面ひれーーー!!!
と痛感できた瞬間でしたので、その画面を貼っておきますね♪

高解像度好きにはこれだけでもたまらんよ!Alldocube X!

10.5インチの大きい液晶だからキーボードもQWERTYで使っちゃうぞ

レイアウトの都合上真ん中部分を切り抜いているのでほんとの画面レイアウトじゃありませんが(^^;

10.5インチと液晶画面も大きいのでAlldocube Xを縦持ちにして、両手親指でQWERTYキーボード入力をするのがなんだか楽しいです♪

ちなみにGoogle日本語入力でしばらく使ってみようと思います。

USB Type-Cの給電がちょっと注意が必要だった(出力高いACアダプタは使用不可)

突然給電系の話にとんでしまいますが(^^;

小職の身の回りでも急激に増殖しているUSB Type-Cデバイスなのですが、Alldocube Xではちょっと注意が必要でした。

スマホなどもType-Cになったから身の回りで出力が高めなMacBook ProやMateBook XのACアダプタを流用すると急速充電になるぜ♪

とか楽しく利用しているUSB Type-CなんですけどAlldocube Xに専用ACアダプタ以外のアダプタを接続すると高確率で「充電電圧超過」なんてメッセージが表示されて充電できませんでした!

うーん、公式サイトのこの表示。
よく見りゃPD充電に対応しているとは書いていなかったwww

うーん、とりあえず、小職の身の回りのUSB Type-Cアダプタだと充電できないので、専用充電器を確実に利用していこうと思います(^^;

Antutuベンチとってみたらこんな感じでした♪

なかなかのスコアな気がする…..あまり詳しくないのでw
この辺については後日詳細書きますね(^^;

 

高解像度Androidタブレットのある生活はちょっといいかも!

まだ使い始めたくらいでしたが、高解像度なそこそこスペックのAndroidタブレット
Alldocube Xのある生活。

小職の場合は家族で利用する共用タブレッットとしても運用していこうと思うのですが、アプリをガンガン入れてもビクともしないぜw的なこんなタブレットがあると、こどももゲームでたのしみまくりつつ奥さんもネットスーパーの注文をスマホでチマチマやっていたのを大画面で利用してもらうとか。

利用価値もいろいろ広がるので、新たな可能性を模索してみようと思います♪

ちなみに Alldocube Xの買い方としては、既に販売が開始されているのはGearBestくらいみたいですね!

しかも、新発売記念のフラッシュセールがいきなり開催されています!

Alldocube X 10.5inch 2.5K AMOLED Tablet

日本国内でこれくらいのスペックのAndroidタブレット購入しようとすると結構いいお値段しますが、こういったニューカマータブレットを海外通販で300ドルで程度で購入してみるのもまた一興かもしれません♪

日本でも間もなく発売開始だとか!

【2019.01.22追記】

Alldocubeさんからamazon.co.jpの商品ページを教えてもらいました♪

近日在庫ありになるのかな♪

国内での価格も気になるところです!

【2019.01.24追記】omoiji.com限定さらに割引クーポンいただきました!

さらにお得な情報をゲットしました!
GearBest.comさんからomoiji.com読者限定のクーポンをいただきました♪

10.5インチ サムスンAMOLED 2.5K液晶搭載最新タブレット Alldocube X 

購入時に下記のクーポンを利用すればさらに特価になっちゃいます!

 

クーポン: GBCUBE135
クーポン適用特価!:フラッシュセールの 299.99ドルから

289.99ドル にさらに割引されるそうです♪

 

限定クーポン終了日があるので注意♪(2月28日まで)

 

Alldocube Xをチェックしている方はぜひ利用しちゃってください♪

 

2 Comments

ロック埼玉

小職さま
初めてまして、!
皆さんALLDOCUBE X購入の方は、手元に届いたのですかね??
2018年9月に申し込んだのですが、もちろんクレジット引落し済みですが
2019年1月25日になって送られて来ません‼️
情報が有ったら教えて下さい。
騙された⁈?

返信する
小職

ロック埼玉さん
コメントありがとうございます!

INDIEGOGO注文でしたらINDIEGOGOの購入ページで申し込み番号とともにいつ出荷するの!?ってGoogole翻訳した英語貼り付けで問い合わせがいいと思いますよ!
ワタシもINDIEGOGOでポチったGPD Pocket2ではそんな感じで情報を入手していました(^^;
はやく手元に届くといいですね〜!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください