[新規端末0円]ワイモバイル版 Huawei Nova Lite 608HW 開封レビュー

 

こんにちは小職です!
こないだワイモバイルで新規契約のスマホを
ゲットしようと家電量販店に行ったんです。

小職的には今契約するならば
やっぱり Huawei P10 lite しかないぜ!
なんて考えていたのですが
実際に行ってみたら2017/10/12発売の
Huawei nova lite 608HWでも新規0円!

どうせならば新発売機種を…とnova liteを契約してきました。

なぜ いまワイモバイルなの?かというと

10分以内通話回数無制限0円最大25ヵ月間無料でデータ容量が2倍

やはり、いま契約するならば
小職にはこれに勝るものがありませんでした!

月額ワンキュッパの契約は
データ通信 1GB なので→2GBに増量中

月額ニーキュッパの契約では 3GB→6GB に増量中

他のMVNO対抗なのか、以前よりもお得感増しましなんです♪

ファーウェイ nova lite for Y!mobile 608HW 新規契約 端末0円!

契約したのは、10/15(日)だったんですが
数日前に新発売された nova lite なら 新規端末0円。

P10liteだと、新規一括5千円 。

これは、 nova lite 一択!
という感じで即決してきました♪

nova lite は内蔵メモリ16GB
P10 lite は 32GB

グローバル端末の登場時期としても
P10liteのが後発なので価値がありますからね。

妥当な価格設定がされているよ ワイモバ様。

契約内容としては例のワンキュッパ割!
にしたかったけど端末0円条件は
スマホプランMでの契約でした!

しかし、初回月のみスマホプランMで契約さえすれば
よいそうで、翌月からスマホプランSに
マイワイモバイルですぐに変更をしておいてもOKだそうでした。

※あとから調べたら量販店側の縛り?のようで、ワイモバのオンラインショップでの契約ならば、はじめからスマホプランSで契約しても、端末代金割賦で実質0円で契約可能なので、Y!mobileオンラインショップでサクッと契約の方がスマートな模様でした!

スマホプランS(ワンキュッパ)、スマホプランM(ニーキュッパ)の月額料金のイメージ

機種: nova lite
契約方法: 新規契約
プラン: スマホプランM

月々のお支払い額
機種代金賦払金(24回払い)1,080円
料金プランスマホプランM4,298円
オプションVoLTE(ボルテ)月額無料
データ容量2倍オプション月額無料
割引・キャンペーン月額割引(翌月から)?-1,080円
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間)?-1,080
合計

3,218円

機種: nova lite
契約方法: 新規契約
プラン: スマホプランS

月々のお支払い額
機種代金賦払金(24回払い)1,080円
料金プランスマホプランS3,218円
オプションVoLTE(ボルテ)月額無料
データ容量2倍オプション月額無料
割引・キャンペーン月額割引(翌月から)?-1,080円
ワンキュッパ割(翌月から12ヵ月間)?-1,080
合計2,138円

データ容量どのくらい使うかという問題もありますが
あんまりヘビーに利用しないのならば
データ容量増量キャンペーンで2GBとなる
ワンキュッパ契約でも全然困らなそうな内容です。

というわけで 開封レビューしてみます♪

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが
開封レビュー行ってみます!!

頂いた袋を開けると内容物はこんな感じでした。

アルミホイル と ふてニャン箱ティッシュ x2 (^^;
おまけは開封外ですが…

我が家のふてニャンと比較
あまり意味はありません。

nova liteの入った箱を開けるとこんな感じでした

シンプルにスマホがしっかりと固定されて入っていました♪

にょっろ出てきました nova lite

しっかりと箱の中で固定されている感じでした♪

端末を挟んでいる箱などすべて開封

  
付属品なども並べてみました。

 

  • microUSBケーブル
  • 透明なnova lite専用カバー
  • マイク付きステレオイヤホン(ヘッドセット)
  • SIMカード(店頭でセットしてもらっているので外装だけ)
  • SIM取り出しピン
  • 保証書

ひとまず、こんな内容でした。

nova lite 608HW 外観


ホワイトなので、なんだかiPhone6っぽい感じかも。。

もっと角ばってる方がHuaweiっぽくていいんだけどなあ〜。


裏側はP10 liteっぽくもあり
指紋認証センサーがあります。

フラットなのでスッキリした外観。

側面の外観


ボタン類は右側に集中して配置されています。

上側がボリューム上下ボタン。その下が電源ボタンです。


底面にはmicroUSB端子とスピーカー穴

 


上部にはヘッドフォン(ヘッドセット)3.5mmジャック用の端子


ボタンの無いサイドには、SIM&microSDスロットのみなのでスッキリした感じ。

付属品の透明カバー を試してみる

  

純正カバー付属!という感じですが、とても簡素な透明ケースでした。
完全透明という感じではなく、指紋が目立たない半透明のケース。

とりあえず使うにはまあまあかな。

しかし、側面全部保護できていないので、別途ケースを買わねば感がパナイですこれ。

 

ケースを取り付けてみた


側面は大きくあいているので
ボタンなどは押しやすいですね(当たり前)

とりあえず簡単に保護するには十分なのかな。


しかしこの状態を見るとちゃんとカバーできる
保護ケースが欲しくなりますよ….

いちおう、四隅はカバーしてくれます。

 

外観はシンプルでいいよ、スマホは中身が重要だよね。

  

いやあ 最近のスマホは格安でも
RAMが3GBあったりするので!

アプリもかなり快適に動作してくれますね♪

 

軽く使ってみて気付いた点としては
Wi-Fiが遅い場合は自動的にLTEに
切り替えてくれる機能なんかもありました。

結局のところ屋外ではWimax利用が多いもので
電車移動中などとくにエリアによっては
LTEのが強かったりもするので
けっこう気の利いた機能だと思います。

そうそう、素の状態のNova liteのメモリ使用状況を記録しておきました!

いきなり半分くらい埋まっています。

ヤフーのアプリとか結構入ってたので
整理すればもっと空くはず!?

あと、まだmicroSDXCも指していないので
退避させて運用していけば余裕っぽいです。

 

ファーウェイスマホの特徴として
EMUIというインターフェース搭載。

使い続けてもRAMを整理してくれたりするらしいので
いままでのAndroid端末でよくあったような
RAMを自分で管理しなくてもけっこう快適に使える?

そのへんは、今後判ってくるのかな。

でも自分でRAMも管理ついしちゃいそうです(^^;

 

充電しているときのアニメーション(電源オフ時)が
ちょっとかっこよかったです。
液体のしずく的なアニメーションです。

とりあえず、格安スマホで無料通話が必要な場合には
各社そういったプラン備えてますが
最初から無料通話のあるワイモバイルは
やっぱりお得感高いですよね。

格安SIMといっても、親方ソフバンのワイモバ。
なのでそこは安心感もありますね〜。

MVNOもピンきりかと思いますが
データ倍増キャンペーン中の今なら
端末も選べて新規0円もいろいろあるワイモバ。

またしばらくお世話になることになっちゃいそうです♪

「思い立ったら弄る!」では 楽天モバイル版 Huawei nova lite のレビューもしておりますので
そちらもあわせてぜひ読んでみてくださいね♪

関連記事のIDを正しく入力してください

[新規端末0円]楽天モバイル版 Huawei Nova Lite 契約から開封までレビュー

小職、諸々ブログランキング参加中です♪
記事を読んでみて、いいね!って思ったら応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 IT技術ブログ Ubuntuへ

ブロトピ:今日のブログ更新

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください