▶︎2020最凶コスパ!?モバイルRyzen5 4500U搭載 ThinkPad公式直販が要チェック!

楽天モバイルMNO UN-LIMIT SIMをBlackBerry KEY2(Band18対応 FOX版)で使ってみた!

こないだ楽天モバイルUN-LIMITのSIMが届いてサブ端末であるNokia 6.1 PlusにSIM挿してお試ししてみました!

SIMのみ新規契約した楽天UN-LIMITレビュー!APN設定してSIMフリースマホでもなんとかLTEにつながった!

しかし、端末として楽天モバイルUN-LIMITの目玉の一つである、パートナーエリア回線での利用に対応していなかった小職のNokia端末(^◇^;
また、契約時は自分の居住地も楽天回線エリア内じゃん!
なんて思って1年無料だし♪と気楽に契約したのですが、エリアマップをよく見ていなかった小職の居住エリアはなんと、楽天回線エリアではなく!
パートナー回線エリアだったんですよね(^◇^;

小職

やっぱり、パートナーエリアに対応した端末じゃないと、いろいろと楽しくないよ!

というわけで、楽天モバイルUN-LIMITでパートナーエリア回線に対応できるっぽい、Bnad18に対応したスマホでも買いたい気持ちでいっぱいになってきた小職だったのですが、灯台下暗し!って感じで…

BlackBerry KEY2 FOX版は世界で唯一のバンド18対応の日本国内モデル

たまたま、愛用しているメイン端末であるBIGLOBEモバイル版のBlackBerry Key2が、なんと!B18対応端末であることに気付きました!

公式サイトにこんな風にわざわざ書いてくれていました!
コレは近年の楽天モバイルUN-LIMITによる突然注目されだしたバンド18モデル探索クラスタのための表記なのか!?w
なんて一瞬思いましたが、おそらくauショップでも当初購入可能(注文品でしょうけどw)なんて端末だったBlackBerry KEY2様だからなのでしょうか。

とりあえず、しっかりしろよ小職w自分の所有端末のバンド対応確認してww

世界で唯一のバンド18対応の日本国内モデルですって!

小職

珍しく海外ショップサイトからの購入でなく、FOX版日本国内モデルであったことを自分に感謝w

というわけで、前回は自宅なので楽天エリア外で初のSIM挿入を試して一瞬で諦めてしまったBlackBerry KEY2
こいつをちゃんとB18の楽天パートナー回線も含めて使いこなしてみようと思います♪

タップできる目次

楽天公式端末以外のスマホ でSIMを挿入するときは楽天回線エリアでやろうぜ!

楽天モバイルUNLIMIT SIMを刺しただけではLTE使えないBlackBerry KEY2

BlackBerry KEY2 FOX日本国内版(B18対応)でも設定にコツがあることがわかりました♪

前回のレビューでさらっと試してはいたのですが、最初に楽天モバイルUN-LIMIT回線エリアではなく、自宅のパートナーエリアから試したのがよくなかったので(^◇^;

とりあえず、都内へ通勤中の電車内でw
しっかりと楽天モバイルUN-LIMIT回線エリアに居る状態でSIMを挿して、APN設定などのアクティベーション儀式を行いました♪

具体的には前回の楽天モバイルUN-LIMITに関するレビュー記事にありますのでそちらも参照してくださいね。

APN設定を行ったら楽天モバイル UN-LIMIT 2.0のLTEを掴めたよ!

とりあえず、以下のAPN設定をモバイルデータの設定で追加することによって、無事に楽天モバイル Rakuten UN-LIMITのLTEを対象端末ではない普通のSIMフリースマホ Nokia 6.1 Plusで掴めました!

設定のポイントは

APN : rakuten.jp
APNタイプ : default,mms,supl,tether,ia,ims
ベアラー : LTE

といったあたりを設定するのがメインでした。

結果的には楽天モバイルMNOはバンド3に対応したスマホならばLTE掴めるようです♪

※楽天モバイル対象端末以外での使用は動作保証外なので、自己責任で楽しみましょう!

楽天モバイルから公式にAPN情報が公開されたよ! 2020/04追記

この記事を書いた時点ではネットでひっそりと流れまくっていた楽天モバイルAPN情報でしたが、現在は楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT公式情報としても公開されています!

楽天モバイル公式のFAQページ(APN情報を確認したい)

なんて感じで↑APN設定を行うのと、もう一つ設定の肝がありました!

4G LTE SwitcherでBlackBerry KEY2の「優先ネットワークを設定」をLTE Onlyに固定する!

Nokia端末では電話のダイヤル操作でこの設定が可能だったのですが、国内版BlackBerry KEY2にはそう言った方法がないようでしたが実現するためのアプリを一つインストールしておきました♪

コイツが↓そうです!その名は 4G LTE Switcher( no ads ) なるアプリ。

こちらはSIMを挿す前から事前に導入しておくと良いアプリです。

優先ネットワークが設定で弄れない端末の強い味方4G LTE SwitcherでLTE Only設定をしよう!

前回の記事では、LTEの状態を確認するために導入したアプリだったのですが
コイツでもできる「優先ネットワークを設定」の項目で….

LTE Onlyが選択されていないと楽天アンリミットのLTEを掴んでくれません

日本国内版BlackBerry KEY2 ではデフォルトで「LTE/UMTS auto(PRL)」なんて設定が適用されているんですが、コイツをプルダウンさせることで設定変更ができました。

優先ネットワークをLTE Onlyに指定したらデータ通信の有効化でLTEリセット!

①その項目の中から「LTE Only」を選択してから….
右上のメニューを開き「データ接続を有効にする」を選ぶことで、BlackBerry KEY2でも設定を固定させることができました♪

ちなみに端末を再起動しても一応覚えていてくれるようですw

とりあえず楽天回線エリア内で4G LTEを掴んでおく!

アンテナピクトも4G表示でLTEが有効な状態に♪

というわけで、しばらく放っておくと、楽天回線エリア内なので、Band3の楽天エリアの4G LTEを掴んでくれたBlackBerry KEY2くん!

ここまでコレたらアプリのダウンロードも可能なので楽天モバイルUN-LIMITの公式アプリである楽天モバイルアプリと楽天Linkアプリをダウンロードしてインストールしておきました。

楽天モバイルアプリで「楽天回線エリア」として認識されていることを確認

楽天モバイルアプリで楽天回線圏内になったことを確認

とりあえず楽天モバイルUN-LIMITの公式アプリで確認ができました!
楽天回線エリアの4G LTE接続中です♪

そのまま調子に乗って通信速度測定なんて行ってみても良いですw

楽天モバイルUNLIMIT回線の通信速度測定をためしてみる

32.0Mbpsか(^◇^;)
前回の感動的な100Mbps出ちゃったよ!みたいな感じはなかったのですが、とりあえず十分高速に楽天回線エリアの4G LTEにつながっていますね。

楽天Linkの設定も楽天回線エリア内でちゃんとやっておきましょう!

楽天un-limitのLTEを掴んだら即楽天Linkの設定を有効化させよう

コレも楽天パートナーエリアではなく、楽天回線エリア内でちゃんとやっておくのが吉ですので、楽天LinkアプリのSMS認証を経て通話もできるようにしておきました。

とりあえず、楽天回線ないでやっておくことはこんなもんなので、このまま仕事をしてw
楽天パートナー回線エリアである自宅に戻ってから色々とBlackBerry KEY2でのB18接続状況を確認してみようと思います。

帰宅時に楽天UN-LIMITパートナー回線エリアに突入!

とりあえず、日中は楽天回線エリアで過ごしていたのですが、たまに4G LTEを掴まなくなったりしていたので、BlackBerry KEY2を再起動したりとちょくちょく気になる1日を過ごしました(^◇^;)

現在は楽天モバイルのSIMを挿してから2週間ほど経過しましたが、LTEを掴まなくなるような症状は全く無くなったので、SIMを挿してしばらくの間は不安定でも慣らし運転的に考えておくのが良いようです。

パートナー回線エリアになってもちゃんとLTEがBand18でつながっている♪

 

 

というわけで、自宅エリアのパートナー回線エリアにそのまま突入してみたところ….

楽天モバイルUN-LIMIT回線につながったまま、無事にBlackBerry KEY2のBand18が作用してくれて
パートナー回線エリアの4G LTEにつながっていました!

LTE Discoveryで確認してみると…

LTE Discoveryで現在のLTEの状態を確認したらBand18で接続されている

Band:18のパートナー回線エリアの4G LTEにつながっているのもしっかりと確認できました♪

Band:3の楽天モバイルUN-LIMIT回線につながったままにしておけば、自宅近辺のパートナー回線エリアにも無事に切り替わるのですね。

とりあえず、コレでかなり楽天モバイルUN-LIMITをいつも堪能できる状態になった感じです(^◇^;

楽天モバイル パートナー回線エリアの通信速度測定をしてみる

ちなみにパートナー回線エリアでは通信量は無制限ではなく、月間5GBの制限があります。
なので、楽天アプリで設定できる「データ制限モード」をオンにして見てテストしてみました。

楽天アンリミットパートナー回線エリアでも速度測定してみても遜色ない速さ

ちなみにデータ制限モードは楽天モバイルアプリの中にある設定項目をオンにするだけでOKです。

この状態で楽天モバイルアプリの通信速度測定を実行してみると…

楽天パートナーエリアの地元駅でもこのくらいの速度が出る!

Bnad:3の楽天回線エリアでさっき測ったのと、ほぼ同等の速度が叩き出されました(^◇^;)
どうやら、楽天モバイルアプリの通信速度測定は制限モードオンにしても、関係なく通常状態での通信速度が計測されているようです…

楽天モバイルアプリではなく、Googleのインターネット速度テストを試してみる

楽天アプリだと制限モードでも通常速度表示されてしまうので別なインターネット速度テストを試してみる

Google検索でスピードテストで検索するとすぐに出てくるGoogle謹製のインターネット速度テストで楽天モバイルUN-LIMITパートナー回線エリアで制限モード:オンの状態で計測してみました。

コレは、納得!
ちゃんと速度制限モードでの計測ができているようです。
スペック通りの1Mbpsほどが自宅エリアでもバッチリ出ていることがわかりましたよ♪

楽天モバイルUN-LIMITパートナー回線エリアの5GBの制限容量を使い切っても1MBpsで通信されるのならば全然使えると思えた!

楽天パートナーエリア回線だと5GBの要領を超えても1MBpsでの通信が可能なので制限になっても余裕

というわけで、Band:18のあるBlackBerry KEY2であれば、楽天モバイルUN-LIMITパートナー回線エリアでも、結構普通に使用できることがわかりました♪

とりあえず、今月はパートナー回線エリアの制限容量も使い果たした状態まで自然に使ってみてw
真の制限モードも体感してみたいところ。

SIMが楽天モバイルUN-LIMITの4G LTEを掴むのに安定するのに数日間は様子見が必要そう。

Rakuten 4G LTEに接続されているのにこんな表示がたまに出た

SIMを挿してから2、3日間によく見かけたのが、この通知でした。
「通信サービスはありません」なんて表示。

突然楽天UN-LIMITの4G LTEが切断されていた

あれ!?と思い、気づくと接続を確認してみるのですが、確かに4G LTEがつながっていない状態になっている場合がありました!

しばらく放っておいて直った場合もあったんですが、数時間後に確認してみてもまだ繋がっていない…
なんてことがまれにありました。

もう設定は弄りたく無いと思っていましたがw
再び4G LTE Switcher( no ads ) から携帯電話情報を確認して見ると…

優先ネットワークがLTE Only指定になっていない時に4G切断が発生する

「優先ネットワークを設定」の項目が戻っていた!!

端末を再起動しても変わることがなかったのですが、この設定がBlackBerry KEY2のデフォルト状態に戻ってしまっていました(^◇^;)

LTEを掴まなくなっていたら、この設定を確認して見るのが良さげですね(^◇^;)

優先ネットワークを自分でLTE Onlyに設定する

結果的に小職の場合は、LTEを掴まなくなっている時に、4G LTE Switcher( no ads ) で確認するとLTE Only設定が外れていた感じでしたので、再設定して少し放置すると直りました。

SIMを挿してから数日間はありましたが、現在はもうこの状態は起きなくなっています(^◇^;)

慣らしが完了すれば安定してくるのかな….

とりあえず再起動しても、この設定は外れていないかチェックしてみると…

とりあえず、再起動後も楽天パートナー回線エリアのLTEをそのまま掴んでくれていました。

ちょっと安心したりして(^◇^;)

SIM挿して3日間くらいは不安定な感じがあったけど、現在は落ち着いて安定して楽天回線もパートナーエリアも4G LTE掴んでくれているよ

SIMを挿してからの数日間はLTE掴んでいるのに、↑こんな「通信サービスはありません」なんてメッセージも通知によくあがってきましたが…
とりあえず最初の数日間を越えれば、変な通知も見かけなくなったので安定してくるような気がします(オカルト的w

とりあえず、B18対応端末があれば楽天モバイルUN-LIMITはより楽しめることがわかってきました♪
早く楽天回線エリアがもっと拡大してくれればこんな苦労も懐かしい出来事になってしまうんでしょうけどね(^◇^;)

小職的には、BlackBerry KEY2はメイン端末なので、安定感無いとダメだったんですが、SIMを挿してから数週間経過した現在では、ほぼLTE掴んでないぞ!なんて状態を見かけることもなくなったので、さらに様子見をしてみようと思います。

日々の通勤で楽天回線エリア内にも入ったりしているのが良いのかな….
とりあえず週末の間自宅エリアのパートナー回線エリアの中に居ても途切れることはなくなったし。
まあ、新しいキャリアなので色々と安定感も上がっていくしか無いと思うので楽しいおもちゃになっています。

Band18対応のスマホを海外通販サイトで眺めていた時のメモ♪

BlackBerry KEY2が手元にあったから良かったけどw
もしも手元にBand18対応のスマホがなかったら何買おうかな♪

なんて海外通販サイトを眺めていたりもしたんですけどね。

とりあえず、B18対応でそれほど高価じゃないミドルレンジの中華スマホだったら
下記の2機種が気になっていたので覚書しておきます♪

UMIDIGI Power 3 Global Bands 6.53 inch FHD+ Android 10 6150mAh NFC 48MP AI Quad Cameras 4GB 64GB Helio P60 4G Smartphone – Grey EU Version

このスマホは6.53インチで画面も広い〜!
そしてAndroid10搭載でバッテリーも大きい♪
さらに今風なAIクアッドカメラ搭載という格安には思えないスペックなんですけどw

現在Banggoodさんで US$149.99と44%オフでかなりお買い得感ありな端末。

UMIDIGI Power 3グローバルバンド6.53インチFHD + Android 10 6150mAh NFC 48MP AIクアッドカメラ4GB 64GB Helio P60 4Gスマートフォン

Model

 UMIDIGI Power 3(Global Bands 4GB+64GB)

Network

 2G: GSM: B2(1900)/B3(1800)/B5(850)/B8(900)

        CDMA: BC0(800)/BC1(1900)

 3G: WCDMA: B1(2100)/B2(1900)/B4(1700/2100)/B5(850)/B6(850)/B8(900)

        TD-SCDMA: B34(2000)/B39(1900)

 4G: FDD-LTE: B1(2100)/B2(1900)/B3(1800)/B4(1700/2100)/B5(850)/B6(850)/B7(2600)/B8(900)/B12(700)/B13(700)/
 B17(700)/B18(700)/B19(800)/B20(800)/B25(1900+)/B26(800)/B28(700)/B66(1700/2100)/B71

        TDD-LTE: B34(2100)/B38(2600)/B39(1900)/B40(2300)/B41(2500)  

 SIM Card Slots: Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)(2*Nano Card+1*TF Card)

Hardware

 OS: Android 10

 CPU: MediaTek, Helio P60, 4xCortex-A73, 2.0GHz & 4xCortex-A53, up to 2.0GHz

 GPU: ARM Mali G72 MP3, up to 800MHz

 RAM: 4GB LPDDR4x dual channel

 ROM: 64GB

 Card Extend: Supports expandable storage up to 256GB (VFAT format)

Display

 Display Size: 6.53 inch(~93% screen-to-body ratio)

 Type: FullView Display

 Resolution: 1080 x 2340 pixels, FHD+, 19.5:9 ratio (~394 ppi density)

クアッドカメラいいなー。
楽天モバイルUN-LIMITで使えそうなBand18もあるので遊ぶのに最適そうな格安系サブ端末候補。

Xiaomi Mi Note 10 Global Version 6.47インチ6GB 128GB 108MPペンタカメラ5260mAh NFC Snapdragon 730G 4Gスマートフォン 

上を見出すとキリがなくなりますがw
新しめの良さげなやつもチェックしてしまいましたw

ペンタカメラとか…すげー♪

Xiaomi Mi Note 10 Global Version 6.47インチ6GB 128GB 108MPペンタカメラ5260mAh NFC Snapdragon 730G 4Gスマートフォン

モデル

Xiaomi Mi Note 10 Global Version(6GB + 128GB)

ネットワーク

2G:GSM B2/B3/B5/B8
  3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
  4G:LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26
  LTE TDD:B38 / B40

SIMカードスロット:デュアルSIMカードデュアルスタンバイ(Nano SIM)

ハードウェア

OS:MIUI 11(Androidベース)

CPU:Snapdragon 730G、オクタコア、最大2.2 GHz

GPU:Adreno 618

RAM:6GB

ROM:128 GB

1年無料な楽天モバイル Rakuten UN-LIMITとBand18対応のSIMフリースマホで楽しく遊ぼう♪

参考 Rakuten UN-LIMIT2.0の詳細はこちらでどうぞ♪楽天モバイル公式サイト

というわけで、Band18対応スマホでさらに楽しめるようになった
楽天モバイル Rakuten UN-LIMITですが、現在も人柱参加可能ですので
興味の湧いた方はチェックしてみるのが吉です♪