macOS Catalina パブリックベータ版をインストールして試すも、結局Mojaveに戻した話

いつも乗っている赤い電車の私鉄で、先日大きな事故が発生しまして、いつもと違うJR経路通勤ではじめてグリーン車を利用してドキドキな小職です♪

ついに今年のAppleのiPhone11 Proを含む発表会目前ですが
小職的には新しいMacBook Proにばかり期待しているこの頃!

あたらしいMacBook Proはまだ発表されるのかも不明ですが
確実に登場するのは新バージョンのmacOS その名もCatalina ですね!

というわけで、今回はベータテスト版に申し込んでいたのですがなかなか適用に踏み切れなかったのですがw

8月の上旬にリリースされたmacOSパブリックベータ Catalina 10.15から
ベータ版OSをインストールして試してみたのでレビューしてみます♪

小職

macOS Catalinaは2019年6月のWWDCで発表されたmac用の新OS!正式リリースはいつかな?もうすぐ?

結果的には小職の常用アプリケーションはほとんど問題なく利用できました♪

がしかし、根本的な問題があり、残念ながらMojaveに戻したという結果なんですけどね(^_^;)

macOS Catalina パブリックベータをインストールする方法

 

Apple Beta Software Programにメール登録しておくとベータ版についてのお知らせが来ます♪

このお知らせで思い出してwリリースも近いしかなりバージョンあがってきてるんじゃね?
という期待とともにパブリックベータのダウンロードページに向かったのでした♪

Apple Beta Software Programダウンロードページを開くときはchromeではダメなのでSafariでね♪

パブリックベータのページでダウンロードするときに、なんだか挙動がおかしくてうまくいかなかったんですが、考えてみたら常用しているchromeでアクセスしていたからのようでした(^_^;)

Safariにて再訪問したらなんのことはなくw

macOS Catalina Beta 10.15のダウンロードがはじまりました!

ダウンロードしたmacOS Catalinaのディスクイメージファイルを開いてインストール開始

ダウンロードしたディスクイメージを開けばmacOS Catalina Betaのインストールがスタートできました。

まあこんな手順を踏むのはベータ版ならではですよね(^_^;)

あとはインストーラーにうながされるままw

アップデートを開始するための承認をサクサクすすめました!

サクサクとはいっても同意するものもちょいちょいあって、インストールスタートするまではmacの前でポチポチ同意ボタン押してやらないとなりませんでしたが♪

とりあえずリブートを即されるこの画面までこれたら放置でオッケーになりました。

Catalinaパブリックベータの更新は意外と時間かかった!

ここまでくれば、ちょい放置しておけばmacOS Catalinaインストール終わってるかなー♪

なんて途中覗きましたが。だいたい表示のとおり40分くらいかかっていました(^_^;)
さすがOS更新。

MacBook Pro 2017でも時間はまあまあかかりました。

とりあえずインストール中は覗かないでw
小一時間放置して出かけるくらいの心の余裕があると健全そうです。

平日の寝る前にやって見届けようとか思った小職は間違っていましたwwww

しばらくの放置を経てmacOS Catalinaパブリックベータインストール完了していたよ♪

この壁紙がこれからの定番となるCatalinaのようです!!

ミュウツーとか住んでいそうな岩肌の見える孤島みたいです♪

さすが常に絶景を案内してくれるmacOSの壁紙ですね。
これがこれからの定番壁紙となっていくのでしょう。

ファーストログインで、けっこう初期設定っぽい表示も見受けられたので、アップグレードしてもいろいろまっさらになるんじゃ。。。

 なんて、ちょっと嫌な予感が少しよぎりました…..

がしかし、それは杞憂だったのかw

気づけば常用していた壁紙が表示されて解像度も弄っていたままの見慣れた表示なったよ!

最近ついていない小職にしては上出来ではないですかwwww

ようこそ!macOS Catalina Betaへ♪

いろいろと時間を要してくれましたが、インストールが落ち着くとアプリも設定もほぼまんまでCatalinaにアップグレード完了できたよ!

更新完了後のCatalinaファーストログイン後はアプリの承認をしまくるだけでアプリもだいたい動いているっぽい

ブートが完了すればCatalinaでも普段からの常用アプリがそのままで起動していたことが判りました♪

とりあえず、アプリの権限が消滅しているだけなので、ガンガン同意して復旧に努めてました。

アプリの承認は鍵を解除して許可をあたえるという担当なGUIはCatalinaでも相変わらずの様子。
ちとだるいですが、新macOSでの普段使いアプリの通常稼働を目指して承認しまくります。

スマホからアクセスして常用しているReal VNCのサーバも普通に動いた♪

外出先からスマホで自宅のMacBook Proにアクセスするのにちょくちょく利用している Real VNCのサーバもインストールしたままで復旧できました。

外出先からもふつーにCatalinaできます♪

macOS Catalina上で動かなかったアプリはGoogle Photoの同期アプリくらいかも

何やら32bitアプリが対応しなくなる!
なんて話も聞いていましたが、常用アプリは基本的に利用できました。

  • Nox Player for macOS
  • Virtual Box on  ubuntu MATE
  • chromeブラウザ各バージョン
  • Resolutionator(解像度変更macアプリ)

  • Karabiner-Elements(CTRLとCommandキーを入れ替えたりするキーマッピングツール)

→個人的にはコレが使えなかったら即アンインストールしてやるwwwとか思ってましたが問題なし♪

他には….

  • Microsoft Office 365
  • Adobe Photoshop Elements
  • Rank Tracker
  • Skitch

などなど常用アプリがモリモリ動いてくれたよ!

ブート時に起動するGoogle Photoの同期アプリが盛大にコケて使えなそうなくらいかな。

あ!あと、macOS 用パッケージマネージャー Homebrewも使えませんでした。
(こちらはβ版OSだから動かないよ的なメッセージが updateとかコマンド叩くと吐き出されていました(汗)

話題のiTune廃止による TVアプリとかもあったよ

しかし結果的にアイコンを眺めた程度なので割愛とさせていただきます(汗)
すっかりとamazon videoが人気な世の中になりましたが、Apple TV盛り返すことができるのかな?
小職は2代目Apple TVとか昔使っていたんですけどね♪

その他にはiPadのアプリが今後macOSアプリとして移植しやすくなる!
なんて受け売りもあるようなのでmacOSもアプリがもっと楽しくなるといいなー。

もちろんダークモードもあるよ macOS Catalina

そうそう、壁紙はデフォルトだと時間帯で景色が昼になったり夜になったりといったアレですが。
夜のCatalina壁紙は↑こんな感じでしたよ♪

これはこれで目に優しくていいけど、やっぱ朝焼け的な昼モードのほうが好みな小職でありました。

やっぱこのイメージがmacOS Catalinaっぽくていいかも♪

美しい朝焼けに目が奪われちゃいます♪

ついに macOS Catalinaパブリックベータの利用を辞めるほどの不具合が発生!

ファーストログインからちょいちょいとmacを使っていたのですが、たまたま再起動したんですよ。

そして再起動後のCatalinaちゃんに異変が起きました…

なんとWi-fiが自動的に繋がっていないんです!

しばらく放置していれば勝手に接続されているかしら….

なんて呑気に離席して戻ってみても繋がっていませんでした!
むしろ記憶しているはずのwifiパスワードを再び聞いてきて、そのSSIDが見つかりませんでした!的な変なことをおっしゃる。

結果的に何度も自宅のAPを選択してパスワードを入力。

なんてことを十回くらい繰り返すことで、接続できる!
的な状況に陥りました。

一度接続できれば安定して通信はできているようなのですが、いかんせん再起動してしまうとWi-fiに接続するのが一苦労なんておかしな状況になってしまったんです。

もちろん他のデバイスでは電波ゆんゆん。

自宅Wi-fiにびゅんびゅんと接続して正常稼働している状態でした。

小職的なMacBook Proの印象としてはWi-fiに不満をもったことは全然無くて、むしろ快適に安定してつながるなー!なんて好印象なほどだったんですが…

無線ルーターを再起動させたりmacbook自体を再起動しても状況は変わりません。

実はそんな状況になっても、次のmacOS Catalina パブリックベータの次のバージョンがくれば改善されるんじゃね?
なんて思いで8/29更新版も受け入れてすぐに試したのですが、Wi-fiの接続状況は一切改善されませんでした(涙

とりあえずブログ更新でいちばん利用しているのがこのMacBook Proなので、こんな状況ではやってられません(汗)

ルーターとの相性なのか、正式リリース登場までこんな感じなのか不明ですが、このまま正式リリースまで使いたい気持ちもありましたが、ひとまずmojaveに戻すことにしたんですよ。

念の為とっておいたTime Machineが役立った!初めてのmacOSリカバリー

とりあえず、先日レビューしたType-C USBハブ経由で接続したHDDにTime Machineがあるので、はじめてのリカバリーをおこなうハメとなりました(^^;

ドキドキしながらもmacOSのリカバリーが簡単にできたぞ!

これはこれは良い経験になったのかもw

というわけで、無事に外部HDDに保存しておいたTime Machineのバックアップにて macOS Mojaveに戻すことができました♪

やはりたまにはTime Machineとっておくのが吉ですね♪

しかし、Catalinaをインストールする前に取ったバックアップが8月上旬だったのでちょっと悲しい感じでしたがw

思いがけない不具合も有り。実験的に楽しむのが吉なmacOS Catalina パブリックベータ

とりあえず、正式リリースまで1ヶ月も無いだろう!
なんて気軽な気分で試してみたmacOS Catalinaパブリックベータでしたが、アプリ的な動作はけっこう大丈夫だったので、小職のように相性なのか突然Wi-fiルータに繋がりにくくなったりと思いがけないトラブルもありえますが。

そんなトラブルもあわせて楽しめる方には、楽しいので試してみる価値あり!なmacOS Catalinaパブリックベータでした。

といいますか、最近仕事が忙しくて、この記事も下書きを2週間前くらいから書いていたのですがw
結果的にもう1週間もかからずに正式リリースされそうな macOS Catalinaですが、正式版では小職の環境でもWi-fiが安定稼働するといいなー。
なんて感想とあいなりました♪