GPD ユーザーファンミーティング 2018 イベント参加レポート GPD Pocket2 実機セッション編

こんにちは!
小職です。

前回に引き続き、持ってないけどこっそり参加してきた
GPD ユーザーカンファレンス2018のイベントレポートをお届けします♪

ちなみにイベントレポート前半の記事はこちらです↓

GPD ユーザーカンファレンス 2018 に参加してきた! GPD Pocket2 発表会編

ついに GPD Pocket2 実機が会場内でお披露目!

スライドによるプレゼンテーションのあとに
満を持して登場しました!

え?
何がって?

もちろん GPD Pocket2 ですよ!

ああ 遠くてよく見えない!!

とりあえず、今回登場したのは GPD Pocket2 の試作機とのこと。

 

いきなり 180° 開いてるよ!

実物は遠いからよく見えなかったんですが
スクリーンの大画面でその姿を確認することができました!

例の手前側にかけて薄く過度が削ぎ落とされた
エッジ形状のせいか、薄く見える印象です!

そして180°開き放題なクラムシェル形状。

立って使うのがより便利になるのかしら!?

 

テーブルに鎮座したGPD Pocket2 実機

ステージのテーブル上に鎮座すると
大画面でその模様が映し出されました♪

いいよいいよ!

こういう姿を観たかったんです!

しかし、このキー配列を見ると
使い慣れないと楽しくならなそうですねー

でもそんな過程も楽しそうw

小職的には普段HappyHackingKeyboardを利用するか
普通のPCのキーボードレイアウトだと
CapsキーにCTRLを割り当てないと使えないという病気なんですけど
このキー配列でもやっていけるのか…

はやくゲットして試してみたいところ。

 

キーボード上部の光学式ポインタが気になる~

GPD Pocket2はThinkpad風のトラックポイントから光学式ポインタに変更となったのが一番興味あるところですよね。

机上ではこんな感じで右手の人差し指で操作するイメージの模様!

MateBook Xだと電源スイッチにあたるこの部分w
何気にありな気もしますよ♪

この効果でこの手のデバイスにしてみると
キーボードのスペースキーあたりのレイアウトがスッキリしましたね!

その他、小職的に気になっているのは
初代GPD Pocketと比べてもEnterキーが
更に小さいんですけど!
これも慣れればペシペシと
タイピングできるようになるのかなー。

 

立ったままでも両手持ち 親指操作で使える!?

立った状態でGPD Pocket2を使うと親指操作でこんなイメージ!?

右側にはマウスポインタの光学式マウス

左側にはマウスの左クリック・右クリックが並んで配置されているようです!

まあ、右側のマウスポインタタップが効くなら
そっち側で大体の操作は済んでしまう気もしますね♪

 

USB Type-Cポート接続のハブでいろいろできるはず(?)

GPD Pocket2には初代にあったHDMIポートは削減されて
Type-Cハブ等の増設したHDMI端子から4K外部出力が可能とのことです!

でも、会場では、セッティングがうまく準備できていなかったのか
外部出力実演は実現しなかったので実際にはまだ見れていません(^^;

 

キーボードは眺めるほどに 初代GPD Pocketとけっこう違うね!

GPD Pocket2のキーボードについてですが
こんな拡大されている場面で見ると
けっこう初代GPD Pocketとも異なる
新しいレイアウトなんだなーということに気づきました。

↑こちらがGPD Pocket2の試作機のキーボードの様子

初代GPD Pocketのキーボードの画像

ざっと見て異なる点を列挙してみました。

  • 電源キーがあった右上に『DEL』キーが来た
    →『バックスペース』キーの方が下側になったのでこの方がいいね!

  • 『右SHIFT』『右Ctrl』『右Alt』が消えてる!
    →これは賛否両論ありそう…使う人は致命的かも。
    (小職は左側のキーしか使わないタイプなのでいいんですけどね…)

  • 『Tab』キーが消えた!?と思ったら『ESC』の2個右隣へ
    →これは変態配列ですねー タブ多様する人は慣れるしか無いかwww
    (ふつーのキーボード使うときに障壁となる病気が新たに発症しそうw)

と….
とりあえずは変わらず変則的なキー配列ですが
改良された方向の内容が多いのかな(この感想は人によるけど

 

GPD Pocket2 試作機の裏側(底面)

裏側もさらっと見せてくれていました♪

ゴム足が4箇所にありますね。

あと冷却ファンの吸気孔なのかな
しっかりと穴がありますね。

曲面フォルムなのもよく判ります!

 

初代とGPD Pocket2の厚み比較!

これは嬉しい場面でした。

初代とGPD Pocket2の側面比較。

とても判りやすくて良い比較でした!

こうみるとホントに初代GPD Pocketは角ばっていたんですねー。

Pocket2は角が削ぎ落とされたデザインなので余計に薄い印象になっています。

 

ユーザーさんからGPDさんに直接意見も多く出る良いイベント

そうそう、会場内のユーザーさんから
直接GPD社に意見をお届け!的なコーナーもあって
日本のユーザーの熱い意見もGPD社に伝わっていました♪

写真では同じテーブルで全GPDデバイスをお持ちの方がインタビューされている場面♪

全部お持ちなコアなユーザーさんでした。うらやましい♪

会場内の大画面には小職が見切れて映っていたので自分だけ晒しておきます(^^;

 

ユーザーからGPD社へ事前に集まっていた質問&リクエストコーナー

まずはGPD WINシリーズに関する質問&リクエストはこんな感じでした。

GPD WINについてはちょっとスルー気味な気分の小職なんですが(^^;

けっこうゲームやる方には人気あるなーとリアルに体感しました。

GPD WIN3 については、現時点ではまだ。といった雰囲気だったかな。
(さすがにWIN2出たばかりですしね。)

 

GPD Pocketシリーズへの質問&リクエストはこんな感じでした

  1. 良い部品があったから!
  2. eMMCなのは発熱を考慮しての事。決してコスト面ではない(むしろeMMCのが高い)

といったところは覚えていた気がします(^^;

 

GPD社についての質問&リクエスト

  1. 10人くらいの体制だとか
  2. 回答を….聞き逃した気がする(^^;
  3. 同上(^^;
  4. 日本でのサービス拠点の発足を計画しているそうです!
  5. 忘れちゃった…(^^;

 

    6.OneNet的なものは…ありゃパチモノだぜ!的な回答だったかな。と第一人者的な余裕を感じた!
    7.ロゴは今年変えたばかりだそうです。個人的にはかわいいから今のままでもいい♪
    8.思い出せない♪

 

この辺は回答というよりもGPD社に伝わったならいいかも!?

この辺も、GPD殿苦笑い的な印象がありました(^^;
SIM搭載版はみんなスマホ持っているからテザってよ。
的な回答が印象的でしたw

小職的にもWindowsPCにSIMなんて恐ろしいので
いらないと思っちゃいましたが(^^;

 

最後にサプライズ企画 じゃんけん大会が!

イベントの最後には、こんなサプライズもありました!

家電量販店のスマホキャリアさんの店頭ビンゴキャンペーン等にも
まずは当たらないくじ運という概念の無い小職はもちろん1,2回で敗退しました。

 

買うよ!GPD Pocket2!

そうそう、とても楽しいスライドがあったのを
掲載し忘れていました(^^;

タイミング的にばっちりだった
Surface Goとの比較表!

こちらは天空さんのセッションの際に登場したのですが
とてもわかり易い!

写真だと全然見にくいので(^^;
テキストに起こすとこんな感じでした↓

主な仕様 抜粋 (スペック比較)

 GPD Pocket2Surface Go
外装/カラーケース:マグネシウム合金 ユニボディ/シルバーケース:マグネシウム/シルバー

プロセッサーとチップセット

メモリ

インテル Core m3 7Y30 プロセッサー
4MBキャッシュ 最大2.6GHz
2コア 4スレッド 1.0GHz

 4GB / 8GB LPDDR3

インテル Pentium Gold プロセッサー 4415Y
2MB スマートキャッシュ
2コア 4スレッド 1.6GHz

4GB / 8GB LPDDR3

ディスプレイ7.0インチ、IPS液晶、静電式タッチパネル、ゴリラガラス4、マルチタッチサポート、16:1010インチ、PixelSenseディスプレイ、ゴリラガラス3、10ポイント マルチタッチ、3:2
最大解像度1920 x 1200 (323 PPI)1800 x 1200 (217 PPI)
HDD容量

128 GB eMMC

MicroSDカードスロット搭載

64 GB eMMC
128 GB SSD
インターフェースポートUSB A ポート x 2、USB Type-C ポート x 1
3.5mm ヘッドセット&マイクロフォン

USB Type-C ポート x 1
3.5mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート x 1 Surfaceカバーポート
Surface Dial

バッテリー容量

内蔵リチウムポリマーバッテリ
6,800mAh、5V

不明

外形寸法181mm x 113mm x 8~14mm245mm x 175mm x 8.3mm
本体重量465g

522g(タイプカバー除く)

765g(キーボード含む) 

というわけで、スペック詳細を眺めながらクラウドファウンディング等 開始をウォッチしていきたいですね!

しかし、初代の時はクラウドファンディングよりもルートによっては普通にポチって買ったほうが速かった!

なんて現象も起きていたので、こんな素敵なイベントまで開催した日本の代理店である天空さんからポチっても早そうですね!

いろいろと状況をウォッチしつつ、GPD Pocket2ゲットを目指したいところです。

 

INDIEGOGOのクラウドファンディングは 2018/7/30 11時スタート!?

ここで素敵な情報を拝見しました!

GPD Pocket 2のクラウドファンディングは7月30日11時(日本時間)に開始

Dream Seedさんより

小職、あれから毎日眺めている
INDIEGOGOのGPD Pocket2のページですが
ついに月末に動きがあるようです!?

とりあえず、10月の発売に向けて期待しながら
入手経路をウォッチしていきたいと思います♪

 

52,439 円 Discount : 7% OFF 

24,623 円 Discount : 44% OFF

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください